2021年 6月 14日 (月)

小学5年の長男との米アマゾン株談義でわかった! 稼ぐ投資家は「欲がない」のかも?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   わが家の長男は昨年(2020年)、米国株デビューを果たしている。

   その後も運用は順調に続いており、ぼくは事あるごとに長男が保有している銘柄に関係するニュースが出てきたときは話題に出すようにしている。

   きょうはそんな一コマを紹介する。

参考リンク:「小学4年で米国株デビュー! 投資を身近なものにするためにパパがしたこと」(J-CASTニュース 会社ウオッチ 2020年6月23日付)

  • 巨大IT企業の米アマゾンの株価は……
    巨大IT企業の米アマゾンの株価は……
  • 巨大IT企業の米アマゾンの株価は……

ドローン配送を進める米アマゾン

   複数の米メディアは2021年5月24日、米アマゾン・ドット・コムによる米映画製作大手メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の買収交渉が大詰めだと報じた。買収額は約90億ドル(約1兆円)で、週内にも合意する可能性があるとしている。

あっきん「おっ! Amazonが1兆円で映画製作会社を買収やって。なんでこんなことすると思う?」
長男「Amazonが自分のとこで映画作るよりも映画作ってる会社買ったほうが、てっとり早いから? 映画館で上映するだけじゃなくてAmazonプライム会員向けに配信したりとかもできるから?」
あっきん「そうそう。そんな感じ。Amazonの強みはなんと言っても大きな資金力。Amazonは稼いだお金をどんどん他の事業に投資してサービス向上していくビジネスモデルやねん。だからAmazonプライムの会員は増え続けてる。囲い込み作戦やね」
アマゾンは米国でドローン配送の許可を得た
アマゾンは米国でドローン配送の許可を得た
あっきん「去年出たニュースやねんけどAmazonってドローン使った配送の許可をアメリカで取得してんねんで。注文入ってから30分以内に届けることを目標にしてるみたいよ。凄いね!」
長男「それって日本でも導入されるん?」
あっきん「日本はどうかな~。技術的にどうとか言うよりもドローンをこんな条件なら飛ばしていいよっていうルールを決めるのが日本は遅いからね。反対にアメリカは新しいものを積極的に取り入れようとする姿勢が民間企業にも政府にもあるからね。そのために必要な制度改正はどんどん進めていくみたいな傾向があるんよ」
長男「学校の先生でも『〇〇したらダメ!』っていう先生と『〇〇するにはどうしたらいいかみんなで一緒に考えよう!』って先生おるからそれと似てるね!」
あっきん「そういうことやね。会社に入っても似たような話あるで。上司から〇〇やりたいからよろしく! って言われたときにできない理由をぐたぐた言う部下と〇〇はできないけどこんな感じならやれそうです! って言う部下やったらどっちと仕事したい? 前向きな考えの人としたいよね?」
あっきん
あっきん(@_akkin_nara
投資家、ブロガー(元公務員)
23歳から、外国為替証拠金(FX)取引をはじめる。トレーダー歴は13年。2016年3月末、子育てと仕事を両立するために11年勤めた某県庁を早期退 職。その後、資産運用ブログ「akilog」をスタート。運用方法をすべてブログで公開する、「リアル」なトレードが評判を呼んでいる。
FX自動売買「トラリピ」(マネースクエア)と、仮想通貨がメイン。
奈良在住。金沢出身、36歳。
資産運用ブログ「akilog」https://akilog.jp/
kaisha_20190717144836.png
ひろこ(@hiroko_akilog
投資家、ブロガー、FP(元銀行員)
あっきん嫁。2児の母。銀行で投信の販売営業を14年続け、2018年3月末、早期退職。リーマンショックでの投資経験を活かした『長く投資を続ける秘 訣』をブログやSNSで発信中。女性の「そうそう!」「あるある!」を盛り込み、わかりやすく解説する。自分の感性を頼りに生きるタイプ。
投信、株価指数、FX、仮想通貨など幅広く運用中。テクニカル分析を楽しく勉強中。
奈良在住。奈良出身、アラフォー。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中