2021年 6月 21日 (月)

五輪開催「普通はない」発言が物議 尾身会長の「慎重な物言い」を海外メディアが「誤訳」?(井津川倫子)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長の発言が物議を醸しています。

   東京五輪・パラリンピックについて、今の状況での開催は「普通はない」とした発言を国内外のメディアが取り上げているのですが、あまりにもバラバラな解釈にビックリ!「尾身会長が五輪開催に懸念!」との見出しもあれば、「尾身会長、小規模開催を主張」と報じるメディアもあり、「いったい何が本当なの?」と、叫びたくなります。

   尾身会長の「お家芸」とも言える「慎重な物言い」を海外メディアはどう伝えるのかなと思っていたら、案の定、「伝言ゲーム」のように「誤訳」?が広がっていました。

  • 尾身会長の東京五輪「普通はない」発言が物議に……
    尾身会長の東京五輪「普通はない」発言が物議に……
  • 尾身会長の東京五輪「普通はない」発言が物議に……

ロイター通信「穏やかな尾身氏の普通じゃない発言」

   物議を醸している「尾身会長発言」ですが、まずは発言内容を日本語で確認してみましょう。NHKは、尾身会長は東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、衆議院厚生労働委員会で次のように発言したと報じています。

「今のパンデミックの状況で開催するのは、普通はない」
「こういう状況の中でやるというのであれば、開催の規模をできるだけ小さくして管理の体制をできるだけ強化するのが主催する人の義務だ」

   一連の尾身会長の発言の中で、海外メディアが特に注目したのが「普通はない」発言です。各国のメディアが速報で、次のように報じています。

Hosting Olympic Games during pandemic 'not normal', Japan's top medical adviser says
(日本の医療アドバイザーのトップが、パンデミック禍でオリンピックを開催することは「普通ではない」と発言した:米ABCニュース

Adviser frets about Japan Olympics
(アドバイザーが日本での五輪開催を懸念:ロイター通信)
fret about~:~を懸念する

Hosting Games in pandemic abnormal
(パンデミック禍で五輪開催は異常だ:オーストラリアのメディア)

   尾身会長の「普通はない」発言。海外ではすっかり「not normal」(普通ではない)、「abnormal」(異常だ)と訳されていますが、オリジナルの「普通はない」とはちょっと意味合いが違っています。発言のニュアンスを正確に伝えているのは、日本のジャパン・タイムズ紙の見出しでしょう。

It's not normal to hold the Olympic Games in a situation like this
(こういった状況でオリンピックを開催することは普通ではない)

   とはいえ、ロイター通信は記事の中で、尾身会長の発言を「The soft-spoken Omi's unusually stark comments」(穏やかな尾身会長のめずらしく厳しい発言)と紹介。さらに、「安心安全な大会運営を」と繰り返す菅首相とは「contrasted」(対照的だ)、と分析していて、尾身会長の発言そのものが「unusually」(普通じゃない、めずらしい)ことが伝わってきます。

   尾身会長の「普通はない」発言。意訳でも誤訳でも何でもいいですから、どんどん世界に広がって欲しいものです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中