2021年 7月 31日 (土)

地域活性化に本腰 ヒト・モノ・カネ...... 地銀、独自性をどう描く【馬医金満のマネー通信】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   みなさんこんにちは。馬医金満です。

   今、地方銀行が「熱い」です。まず一つは、改正銀行法が成立して、事業会社への出資比率が緩和されたというニュースです。

  • 地方銀行が変わる?......(写真はイメージ)
    地方銀行が変わる?......(写真はイメージ)
  • 地方銀行が変わる?......(写真はイメージ)

地域経済のために「手をうごかす」

   これまで銀行が事業会社への出資する際は、その上限を原則5%(持ち株会社では15%)としてきましたが、その規制を緩和し、地元産品の販売など地域経済に寄与する非上場企業には100%出資を可能とします。

   また、今までは銀行ができなかった業務であるシステム販売や登録型の人材派遣、データ分析や広告などの事業を行うことが可能になりました。

   これは今後、日本経済の大きなテーマの一つである「事業承継」へのアプローチとして、政府が地銀に対して資金だけではなく、実際に「手を動かす」ように求めていると解釈できます。

   ちなみに、外資の銀行・証券会社に日本の会社が買われていくという議論もあるようですが、外国為替及び外国貿易法で規制されている部分ではないかと思うので、今回の法改正とは関係ないのかなという認識にあります。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中