2022年 8月 9日 (火)

読者にじっくり読ませようなんて愚の骨頂。サクっと簡単に読ませよう!【尾藤克之のオススメ】

モータースポーツの世界観を表現した『ECB-2000』

   現代人はみんな忙しいので、じっくり文章を読んでいる時間はありません。そのため文章の大半は斜め読みで、必要ない部分は容赦なく飛ばし読みされます。

「『バズる文章』のつくり方」(尾藤克之著)WAVE出版
  • 読ませる文章にするには……
    読ませる文章にするには……
  • 読ませる文章にするには……

拾い読みしても全体がわかる文章を書く

   忙しい人たちのために、まずは読者の「興味を惹くタイトル」。次に、「なぜこの文章を読む必要があるのか?」を考えて、あとはキーワードだけ拾い読みしても全体がわかる文章を書くことが大切です。

✖ 朝食に食べたい副菜10選
◯ 忙しい朝でもたった5分でできる副菜レシピ10選
✖ 株式投資入門
◯  超簡単。初心者でも1年目から○万円以上稼げる、ヤバい投資法

   夕食前の買い物に出かける主婦や、通勤途中のサラリーマンなど、時間がない人が目にすることを前提にタイトルを考えましょう。たとえば「朝食に食べたい副菜」と書くと、よっぽど副菜に興味がない限りは読まれません。しかし、「忙しい朝」「たった5分でできる」と入れることで、一気に主婦層の興味関心を惹きつけることができます。

   なぜなら、夜に比べて朝はより忙しく、にもかかわらず毎日あれこれ頭を悩ませながら朝食のおかずを考えている人が多いからです。忙しい主婦に向けて「5分でできる副菜」を提案できたら、かなり食いつきますよね。

   「株式投資」についていえば、「超簡単、初心者、1年目から○万円稼げる」とすることで、株式投資へのハードルが一気に下がります。仮に株にまったく興味がなかったとしても、「もしかしたら自分も稼いで得できるかも」と思わせることができるのです。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中