2021年 7月 27日 (火)

【6月は環境月間】日本のエコ技術を開発したエンジニアたち

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   6月は環境月間だ。環境を保全するために、どうしたらいいのか? 最近、よく耳にする「SDGs(持続可能な開発目標)」とは何なのか? 6月は環境に関する本を紹介しよう。

   これから巨大なビジネスチャンスがある環境技術は、日本が技術立国として勝ち残るための生命線だ。本書「国産エコ技術の突破力」は、ハイブリッドカー、CCS(CO2回収技術)、セルロース系バイオ水素燃料、エコジェット機、ニッケル水素電池、電気自動車......など、注目の国産エコ技術の開発者たちのドラマを軸に、先端の環境技術がわかるノンフィクションエンターテインメントだ。

「国産エコ技術の突破力」(永井隆著)技術評論社
  • 環境技術には大きなビジネスチャンスがある!(画像はイメージ)
    環境技術には大きなビジネスチャンスがある!(画像はイメージ)
  • 環境技術には大きなビジネスチャンスがある!(画像はイメージ)

10キロ軽くしてヒットしたハイブリッド車

   著者の永井隆さんは、フリーライター。著書に「技術屋たちの熱き闘い」(日本経済新聞社)などがある。本書は、日経BP社のウェブサイト「ECOマネジメント」の連載記事を加筆修正し、再構成した。

   ホンダ「インサイト」のハイブリッド車、三菱重工業の二酸化炭素回収技術「CCS」、サッポロビールの「セルロース系バイオ水素燃料」など、8つの事例を開発者に焦点を当てて描いている。

   NHKのかつての人気番組「プロジェクトX」を思わせる筆致。ふだんあまり表面に出ない技術者の姿が等身大で登場するので、理系の技術者なら好感を持って読むことができるだろう。

   ホンダのハイブリッド車「新型インサイト」の開発物語がおもしろい。2007年当時、すでにトヨタの「プリウス」がハイブリッド車市場を席捲し、世界で年間43万台発売していた。対するホンダは5万5000台に過ぎなかった。200万円を切り、年間20万台売るのが、開発責任者の関康成さんに与えられたミッションだった。

   軽量化が最大の切り札だった。でき上がった設計は車両重量が10キログラムオーバーしていた。発売時期は決まっていたが、部品設計をやり直し、試作車の製作を1か月延ばすことにした。

   新型インサイトは、3万点を超える部品のうち36%を「フィット」と共有していた。これは変更できない。しかし、64%は専用部品であり、このうち重量が500グラムを超える部品1000点をピックアップ。それらを軽量化することで、13キロの軽量化を実現した。

   マフラーも排気口も見えないようにデザインした。ひと目でハイブリッド専用車であることをアピールするためだった。最廉価版は189万円(消費税込み)で発売され、日本だけで3か月で3万台を受注するヒット商品になった。

   トヨタも2009年、1800ccの新型プリウスを発売。最も安いグレードは205万円だった。ハイブリッド車が200万円台になり、国のエコカー減税も手伝い、ハイブリッド車の普及が進んだ。

   ハイブリッド車の原理にも触れているが、結局は「軽くする」という物理的な取り組みが重要だったのだ。

   4月23日、ホンダは2040年に世界で販売する、すべての新車を電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にすると発表した。 ガソリンエンジン車をゼロにする目標を示したのは日本の自動車メーカーでは初めてだ。それに向けた取り組みがもう始まっていることだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中