2021年 8月 2日 (月)

バッハ会長6月来日を断念! 米誌は「東京五輪強行はアルマゲドンを招く」と警告(井津川倫子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が事前来日を断念し、東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせて2021年7月中旬に来日する予定だと発表されました。

   海外メディアによると、日本での新型コロナウイルス感染状況を懸念して、当初予定していた「6月来日」は「off the table」(検討から外れた)とか。「東京五輪は実行段階に入っている」(バッハ会長)との強気発言と相反するような来日延期。刻一刻と開催日が近づくなか、米誌は五輪開催を危険視する記事を掲載しました。

  • 6月中には東京に来ないIOCのバッハ会長
    6月中には東京に来ないIOCのバッハ会長
  • 6月中には東京に来ないIOCのバッハ会長

バッハ会長「事前来日断念」に「東京は安全じゃないのか?」

   IOCのトーマス・バッハ会長は、今夏の東京オリンピック(五輪)に向けて準備期間での来日を断念し、五輪開催直前の7月中旬に来日する意向だと海外メディアが報じました。

Bach not planning pre-Olympics visit to Tokyo
(バッハ会長はオリンピック準備のために東京に行かない:五輪関連情報サイト)

   記事では、「6月のIOC会長来日が検討されていた」ものの、今回、「now firmly off the table」(完全に検討から外れた)と報じています。

   ところがバッハ会長は、6月の訪日は断念したものの、東京五輪については次のような強気な発言をしているようです。

We are in a "full delivery phase" of the Tokyo Olympics
(東京五輪は完全に実施段階に入っている)

   Delivery phase(デリバリーフェーズ)は、コンサルタント用語で「実行段階」とか「実施段階」といった意味だそうですが、バッハ会長は「調査・検討期間を終えて、最終的な実行段階に入っている」と強調したかったのでしょう。

   東京五輪については、大スポンサーの米テレビNBCが「予定どおり放映する」と表明するなど、開催に向けた動きが強まっていますが、果たして、責任者であるIOC幹部の「事前来日断念」はどんなメッセージを発するのか。

   バッハ会長は、「日本での隔離期間を考慮すると、何度も出入国を繰り返すのは効率的ではない」と、その理由を述べていますが、これから東京を目指すアスリートや関係者たちにとっては「バッハ会長が事前来日できないほど、東京は危険な状態なのか?」と映るのではないでしょうか? 不安材料になりかねないような気がします。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中