2021年 8月 2日 (月)

ビットコイン反発 ジワリと乗った職業大に「待った」同志社大、慎重な明大(第3節)【暗号通貨バトル Aグループ】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   今週の暗号通貨市場は、中米のエルサルバドルの「決断」に沸いた。ビットコインも急上昇。しかし、4万ドルを超えると期待されたものの、結局は4万ドルを超えられず、3万4500ドルほどに戻ってしまった。

   そうしたなか、職業能力開発総合大学校のさっちんは着実に利益を上乗せ。一方、同志社大学のしがないトレーダーは、3万ドル半ばに戻したのを見て、取引を見送った。明治大学の城正人さんも、そろそろ「底打ち」を期待しているものの、慎重を期す。

  • 職業大学校のさっちんはコツコツ積み上げ!
    職業大学校のさっちんはコツコツ積み上げ!
  • 職業大学校のさっちんはコツコツ積み上げ!

方針一転チャート再検討!(明治大学 城正人さん)

◆ 今週(2021年6月7日週)の値動きと今後の戦略    先週の記事で来週1ETH=2000~2500ドルまで下げたらイーサリアム(ETH)の購入に踏み切ると記述しました。今週、実際に2200ドル付近まで急落する場面もあり、購入すべきか購入すべきでないか、かなり迷いました。
   先週のワンポイントアドバイスにもあったように、取引量が減少していること、最高値からおよそ40%下落していることを踏まえると、底打ちを期待したくあります。しかし、ETHについてトレンドラインを引いてみると、下限抵抗線をきれいに割ってしまっていました。
   直近の値動きの目安としては2021年2月から4月にかけ揉み合っていた2000ドルが一つの節目になると考えます。仮に瞬間的に2000ドルを割り込み、総悲観のムードになった際には強気の買い入れを行おうと考えています。
   ただし、じりじり高値を切り下げる展開が続くようであれば戦略を練り直します。

図1 出典:Tradingview
図1 出典:Tradingview

◆ 今週の気になる動き
   今週気になった動きだったテーマがありましたので、そちらを分析したいと思います。6月11日16時30分頃からNFT(Non Fungible Token)をテーマに持つ暗号通貨が一斉に上昇を見せました。このときに上昇したのは、CHZ(チリーズ)、ENJ(エンジン)、MANA(ディセントラランド)、FLOW(フロウ)などです。
   なぜ、一斉にNFT系の銘柄が上昇したのか定かではありません。材料としては音楽グループ「perfume」がNFTアートをリリースしたことなどが考えられます。
   上昇基調が持続するようであれば、国内取引所でも購入可能なENJ(エンジン)に投資してみようかと検討しました。しかし、すぐにその上昇基調は持続せずに元の価格帯に戻ってしまい、何とも気になる値動きでした。今後とも監視を続けていこうと思います。

◆ NFTとは
   そもそもNFTとは非代替性トークンのことを指します。つまり、替えが効かない資産ということです。現実世界で例えると、同じ車種同じ年式のクルマであっても、他人のクルマと自分のクルマを置き換えることはできません。
   デジタル資産の場合コピー&ペーストで、まったく同じ資産を創ることが可能ですから、どちらが本物でどちらがコピーされたものなのか第三者からすると判別ができないわけです。
   そこで、ブロックチェーンの技術を利用することで唯一無二の本物であるという証明を簡単に行えるようにしたのです。まだまだこの技術を利用することのメリットはあり、今後のさらなる利用に期待したいと思います。

◆ まとめ
   市場環境的に投資に及び腰ではありましたが、そろそろ実際にお金を投入していこうと思います。また今回、字数の関係でNFTについて満足にお伝えすることはできませんでした。折角のNFTについて注目したので、次回は国内取引所で購入可能なENJ(エンジン)を例にどんなことができるのか、その機能について分析したいと思います。

   ◆ 児山将のワンポイントアドバイス
主要仮想通貨の中では2020年でトップクラスの上昇率を記録していたイーサリアムですが、急落後は戻りの鈍い展開となっています。一番戻りが強いのはビットコインとなっており、ドミナンス(その通貨が暗号通貨/暗号資産の市場全体で、どれだけのシェアを有しているかを表す指標)も40%から45%へと回復。米テスラ社のビットコイン決済再開の条件(マイナーのクリーンエネルギー使用増)が提示されたこともあり、再び上昇に転じています。
ただし、イーサリアムも5月23日以降は直近の安値を更新しておらず、底打ち傾向にあります。また、7月にロンドンアップデートを控えていることもあり、仮想通貨市場全体が上向いてくると強い上昇となりそうですね。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
6月11日現在          1万円

明治大学 城正人(じょう まさと)
明治大学 城正人(じょう まさと)
経営学部2年。明治大学投資サークルBreakouts!に所属。暗号資産が今後の社会に与える影響に魅力を感じ手当たりしだい勉強中。これまで暗号資産のトレード経験はほぼなくETH(イーサリアム)ガチホを続けてきました。ポテンシャル、技術の面を中心にそれぞれの通貨の特徴を見極めて投資していきたいと思います。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中