2021年 8月 4日 (水)

「株価を2倍にします」と宣言 アステラス製薬株が年初来高値のアゲアゲ!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   アステラス製薬の株価が2021年6月18日の東京株式市場で、終値で前日比31.5円(1.6%)高の1971円をつけ、2日ぶりに年初来高値を更新した。5月に発表した中期経営計画の内容を好感する買いが続いているほか、その後の希望退職の募集などの発表も投資家の関心を集めている。

   週を明けても21日こそ日経平均株価の下落に引っ張られたが、日経平均が急回復した22日は一時、前日比4.7%高の1993円まで上昇し、再び年初来高値を更新しており、高水準を維持する可能性もありそうだ。

  • アステラス製薬株が上昇!(写真はイメージ)
    アステラス製薬株が上昇!(写真はイメージ)
  • アステラス製薬株が上昇!(写真はイメージ)

中期経営計画への評価高く

   それでは5月26日発表の中期経営計画の内容を確認しておこう。2026年3月期までの5年間が対象で、重点戦略製品の投入や経営効率化などにより、最終年度の時価総額は、発表当時の約2.2倍の「7兆円以上を達成することが可能になる」としたのが特徴だ。

   「可能になる」という表現ながら、中期経営計画で時価総額を事実上の目標として掲げたことは異例。別の見方をすれば「株価を2倍にします」と宣言したに等しく、株主に配慮する姿勢を鮮明にしていることが好感された。

   中長期的な成長を支える重点戦略製品の記述も市場の評価を得た。たとえば、更年期ののぼせ、ほてり、発汗といった「血管運動神経症状」の改善を期待できる「フェゾリネタント」と呼ぶ製品について、ピークの売上高を3000億~5000億円と従来の2000億~3000億円から引き上げた。

   SMBC日興証券は6月2日付のリポートで「今回の経営計画はフェゾリネタントへの期待を高めるだろう」と指摘した。経営計画ではこうした重点戦略製品の売り上げを2026年3月期に1.2兆円以上にする、との目標を掲げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中