2021年 8月 4日 (水)

株式投資禁止の業界に就職する人へ! 不動産に注目「ファーストロジック」(慶大 すんぴぴさん)【企業分析バトル】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   みなさん、こんにちは。すんぴぴです。

   まず、僕が最近考えている投資戦略について説明したいと思います。この記事を読んでいる学生の方にもいらっしゃるかもしれませんが、クライアントのインサイダー情報に接触する可能性のある金融業界やコンサルティング業界は、基本的に有価証券の売買が禁止されています。

   僕も来年からそういった業界に入社することになるので、学生の今やっている個別株の投資はできなくなります。そこで現在、代替となる投資手段を考えています。その中で、取り入れたい金融商品が二つあるのです。

  • 不動産投資がいいかも……
    不動産投資がいいかも……
  • 不動産投資がいいかも……

不動産投資のメリットはレバレッジにあり

   一つは不動産です。不動産投資のメリットはいくつかあると思いますが、その中でも、僕が最も重要だと思っているのは、銀行からの借入によってレバレッジをかけることができるということです。

   レバレッジ自体は株式投資でも可能(信用取引)ですが、倍率が最大3.3倍であること、また諸々の金利が結構高いので、年収の約10倍借り入れができ、また金利も低い不動産のほうが、メリットが大きいと考えています。

   二つ目は投資信託です。今までもインデックス型の投資信託にはいくつか入れていたのですが、社会人以降はテーマ型の投資信託にも入れていこうと思っています。テーマ型というのは、業界、オーナー企業かどうか、DX(デジタルトランスフォーメーション)やGX(グリーントラストフォーメーション=温室効果ガスを排出しないグリーンエネルギーに転換すること)などの次世代テーマで区切られている投資信託です。

   手数料が割高(1.5~1.8%)だったので今まではあまり触れてこなかったのですが、リターンとの天秤にかけてみると投資する価値はあるのかなと思いなおしました。ただ数が非常に多いので、ひとまずは新規募集を追っていこうかなと考えています。

   さて、そんなことを考えながら、今回の銘柄は「ファーストロジック」(6037)です。

   この会社は、投資用不動産に特化した国内最大の不動産ポータルサイトである投資用不動産マッチングサイトの「楽待」を運営しています。

   初心者からプロまで幅広い人に向けて、不動産投資の学習、不動産探し、不動産の売却が効率的に行えるサービスを提供しています。このサイトは投資用物件の掲載物件数で1位となっています。こういったプラットフォームビジネスは首位が圧倒的に強いと思うので、この要素は大きな強みになると思っています。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中