2021年 8月 3日 (火)

【6月は環境月間】SDGsにそって小さな会社が成長した!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   6月は環境月間だ。環境を保全するためにどうしたらいいのか。最近、よく耳にする「SDGs」(持続可能な開発目標)とは何なのか? 6月は環境に関する本を紹介しよう。

   再生エネルギーのつながりこそが、人口減少をはじめとした地域がかかえるさまざまな問題を解決し、地方を救う――。本書「SDGsが地方を救う」は、農業法人に就職した元環境省の官僚と気鋭の起業家が、再生エネルギーと循環型社会の可能性に迫った対談集である。

「SDGsが地方を救う」(米谷仁・生田尚之著)プレジデント社
  • 「食材からコミットするため、レストラン業にも進出した」(写真はイメージ)
    「食材からコミットするため、レストラン業にも進出した」(写真はイメージ)
  • 「食材からコミットするため、レストラン業にも進出した」(写真はイメージ)

具の入った料理に対応するデリシャスサーバー

   水、食、電気などの事業を展開するテクノシステム(横浜市)代表取締役の生田尚之さんに、元環境省の官僚で、いま石川県の農業法人に転身した米谷仁さんが尋ねるという形で対談が進む。

   テクノシステムの事業理念、事業展開が、ほとんど国連が掲げるSDGs(サスティナブル・ディベロップメント・ゴールズ=持続可能な開発目標)の理念と一致しているというところから話が始まる。

   まずは「水」だ。浄水システムや海水淡水化装置などを開発した同社は、世界の水を飲み水にするための技術的挑戦を行っている。2010年には、トラック型の自走式造水給水車「YAMATO」を開発。淡水化設備の小型化に成功し、太陽光発電を利用することで実現した。東日本大震災の被災地でも高い能力を発揮したという。

   海水淡水化に使う逆浸透膜を使うには高い圧力を出すため、高性能ポンプが必要で、莫大な電気代がかかる。ポンプを改良、また膜を長持ちさせる前処理フィルターを開発することで、コストの削減を実現した。

   水の問題を解決することで、SDGsの6番目の目標「安全な水とトイレを世界に」のほか、3番目の「すべての人に健康と福祉を」、4番目の「質の高い教育をみんなに」、5番目の「ジェンダー平等を実現しよう」の実現にもつながるという。アフリカでは、地域で唯一水の出る場所に、女の子や女性が半日かけて水を汲みにいくところがあるという。

   生田さんは「水の問題が、子どもの教育や女性の地位向上の足かせになってしまっているんですね」と話す。

   次は「食」だ。スープのような液体のみの料理だけでなく、和洋中幅広く具の入ったどんな料理にも対応可能なデリシャスサーバーを開発した。食材は密封構造で提供。また、機械が正確に具材を入れるので、アルバイト店員でも料理を均等にサービスできる。電気代も8時間連続運転で1日40円程度、完全自動調理なので、人件費も安く抑えられる。食材からコミットするため、レストラン業にも進出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中