2021年 8月 3日 (火)

コロナ禍、英国や豪州で変異株が拡大 米経済改善でドル買い強まる?(7月5日~9日)【株と為替 今週のねらい目】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ドル円相場は、ドル買いが強まるかもしれない。米国の経済指標が改善傾向にあることや金融政策の正常化に向けたテーパリング(量的緩和の縮小)への期待感が高まっている。

   そうした一方で、英国やオーストラリア、南アフリカなどで新型コロナウイルスの変異株の感染が拡大している。なかでも、ユーロ圏で感染拡大した場合は世界的な景気回復が大きく後退しそう。東京五輪・パラリンピックの開催を控えた日本国内への波及も懸念される。どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • コロナ禍、変異株の脅威が為替相場に……(写真はイメージ)
    コロナ禍、変異株の脅威が為替相場に……(写真はイメージ)
  • コロナ禍、変異株の脅威が為替相場に……(写真はイメージ)

東京株式市場 株価2万9000円上抜けず......

日経平均株価予想レンジ:2万8000円~2万9300円

2021年7月2日(金)終値 2万8783円28銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、引き続き、上値の重い展開か。

   前週の日経平均株価は、下落した。日米を通じて、明確な株価支援材料に乏しい状況になっており、2万9000円に近づくと、非常に頭の重い状況になった。

   今週の日経平均株価は、引き続き上値の重い展開か。株価にとっては好悪材料が混在している。米国の6月の雇用統計が市場予想を上回るなど、経済指標には改善が見られるが、一方では米国の金融政策正常化に向けたテーパリング(量的緩和の縮小)に関する懸念が強まっている。

   国内に目を転じると、日銀短観が改善しており、景気回復への期待が高まっている半面、新型コロナウイルスのワクチン供給の遅れにより、ワクチン接種の進行が停滞する懸念が高まり、東京オリンピック前後に再び、感染拡大の波が来るとの警戒感も高まっている。また、需給面ではETF(上場投資信託)の分配金調達のための換金売りが懸念されている。日経平均株価は当面、2万9000円を明確に上抜けるのは難しそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中