2021年 8月 4日 (水)

成長株の「識学」魅力的な企業だけど「買い」は見送り、そのワケは...【企業分析バトル 明治大学 中村瑞希さん】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   五月雨という単語をそのまま読むと「5月に振る雨」となりますが、この「5月」は旧暦であり、現在の暦の6月ごろを指しています。

   さて、その6月はまさに「五月雨」式に、さまざまなイベントがありました。アメリカのISM指数や雇用統計の発表、FOMC(米連邦公開市場委員会)、メジャーSQに四半期末リバランスなど、断続的に来るイベントにドキドキしながら相場に向き合った日々がもはや懐かしく思えます。

   この中で特筆すべきは、やはりFOMCでしょう。というのも、「好景気」→「利上げ」→「インフレ減速」と、相場の反応が目まぐるしく変わっていたからです。

   ここで、相場の反応がどこで着地したかに注意が必要です。インフレが減速し、景気が後退することを織り込んできたということは、本格的に景気敏感株や素材株から成長株、ハイテク株に投資妙味が移ってきたと解釈できます。そこで今回は、魅力的なビジネスモデルを持つ成長株である株式会社 識学(7049)を、分析していきます。

  • コンサルティングで伸びる!「識学」(写真はイメージ)
    コンサルティングで伸びる!「識学」(写真はイメージ)
  • コンサルティングで伸びる!「識学」(写真はイメージ)

コンサル×サブスク?

   東証マザーズに上場する識学は、主にコンサルティング業務を手掛ける会社です。会社名になっている「識学」という独自のマネジメント理論により、組織改善、生産性向上など、顧客の経営課題に取り組みます。

   分析にあたり、まずは利益と業界の視点から考えてみます。

   利益にはさまざまな種類があり、営業利益、経常利益、純利益などがありますが、私は成長株の分析では特に粗利益を重視して投資判断を行っています。なぜなら、営業利益や経常利益、純利益は、事業の拡大に欠かせないマーケティング費用や研究開発費用が抜かれたあとの利益だからです。

   これらの費用は、これから大きく成長することが見込まれる企業では、むしろ大きいほうがよいと考えています。そのため成長株のビジネスを測る際には、それらが抜かれていない粗利益を重視します。

   この点で、コンサルティング業界は売り上げに対する粗利益の割合である粗利率が高い傾向にあるため、魅力的に感じます。

   一方でコンサルティング業界には、売り上げがプロジェクトごとに入ってくるという弱点があります。なぜ、それが弱点なのかというと、プロジェクトに割くことができる人員の限界がそのまま売り上げの限界になるからです。

   私がコンサルティング業界の中でも識学に注目した理由は、まさにこの点です。

   というのも、識学はコンサルティングだけでなくプラットフォームサービスも行っているため、人という限界を超えて売り上げを上げることができるからです。さらに、このサービスは月額課金制であるため、安定して継続的な売り上げを上げることが期待できます。

(株式会社識学「2022年2月期第1四半期決算説明資料」2021年6月30日確認)

   上の画像を見ると、プラットフォームサービスの売り上げが右肩上がりに伸び、さらに全体の売り上げに占める割合も高まっているということがわかります。

   このような、コンサルティング特有の高粗利率に、人によらない継続的な売り上げをもたらすプラットフォームサービスが組み合わさっているビジネスモデルが、識学の大きな魅力です。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中