2021年 7月 31日 (土)

「犬猿の仲」の携帯大手3社が、なんと宮崎県山間部に初の「共同店舗」 ガラケーも見捨てません!

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「犬猿の仲」とも呼ばれる携帯電話大手3社、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクが、なんと仲良く全国初の共同店舗を開くことになった。

   それも、宮崎県の山あいにある小さな街、えびの市である。共同店舗になる場所は、国の有形文化財になっている無人駅だというから、なんとものどかな話だ。

   J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部は、携帯大手3社を呼び寄せる画期的な試みに成功した市の担当者に話を聞いた。

  • ガラケーの相談にも乗ってくれるぞ(写真はイメージ)
    ガラケーの相談にも乗ってくれるぞ(写真はイメージ)
  • ガラケーの相談にも乗ってくれるぞ(写真はイメージ)

110年前の木造駅舎に3社合同の代理店を

   宮崎県えびの市は県の南西部にあり、西に熊本県、南に鹿児島県と接しており、3県の境界に位置している。2021年6月1日現在で、人口は約1万7500人。山間部にあり、えびの高原の四季折々の花々や、野生のシカなどが観光名物だ。市内には携帯電話ショップがなく、市民は修理や操作の相談に近隣の市のショップまで、クルマで往復1時間以上をかけて行かなくてはならなかった。

   そこで、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話大手3社は2021年7月6日、えびの市と協力し、市内の同じ場所で順番を決めて別々の日に営業する携帯電話臨時ショップを開設すると発表した。

臨時ショップが開設される国の登録有形文化財のJRえびの駅(えびの市提供)
臨時ショップが開設される国の登録有形文化財のJRえびの駅(えびの市提供)

   えびの市の発表資料によると、市内の高齢者らが気軽に機種や契約内容の変更、操作の相談などができる機会を提供する。3社の協力は全国的に初めての試みで、3社は過疎地で携帯電話サービスのサポート体制を確保するモデルケースを目指す。

   場所は、市中心部にあるJR吉都線「えびの駅」(無人駅)の駅舎を利用する。この駅は、大正元年(1912年)に建築された木造建築物で、国の登録有形文化財に指定されている。JR九州からえびの市が建物部分を有償譲渡された。

   3社は8月10日以降に代理ショップを開設する。駅舎は市から無償で借りる3社がそれぞれ毎月平日の2日間、持ち回り制で単独営業する。具体的には「ソフトバンクの日」「auの日」「ドコモの日」を決め、それぞれが2日間連続で営業し、同じ日にかち合わないようにする。

   たとえば、8月17日・18日(ソフトバンクの日)、8月19日・20日(auの日)、8月23日・24日(ドコモの日)といった案配だ。臨時店舗は来年3月までの予定だが、えびの市側はニーズが確認されれば継続したい意向だ。

   J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部は、どうやって大手3社の「合同代理店」を呼び寄せることに成功したのか、えびの市企画課情報係の担当者に取材した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中