2021年 8月 4日 (水)

エルサルバドルがビットコインを法定通貨に採用 仮想通貨に衝撃の新潮流!

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2021年6月6日、仮想通貨(暗号資産)業界で衝撃的なニュースが流れました。アメリカ、フロリダ州マイアミで行われたビットコインのカンファレンスに、エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領がサプライズで登場。ビットコインを、自国の法定通貨として取り扱う予定であることを発表したのです。

   いったいどういう理由があり、これから何が起きるのでしょうか?

   仮想通貨の新しい潮流をお伝えします。

  • ビットコインが「世界共通通貨」になるかも!?
    ビットコインが「世界共通通貨」になるかも!?
  • ビットコインが「世界共通通貨」になるかも!?

米ドルを捨てるエルサルバドル

   エルサルバドルは、中央アメリカにある人口640万人ほどの国です。国土は九州の半分のほどで、人口は千葉県と同じくらいです。

   自国通貨として、以前は「コロン」を使用していましたが、2001年1月に米ドルに変更しています。そう、エルサルバドルは米ドルという基軸通貨を捨ててまでビットコインの利用を選んだのです。

   その主な目的として、国民の約7割が銀行口座を持っていないということが挙げられます。銀行口座を持っていないということは、主な保管場所は自宅となるのでしょう。支払い手段として銀行送金ができないでしょうし、クレジットカードも保有できません。

   また、エルサルバドルは世界一治安が悪いと言われており、現金を保有していることは不安なことも多いのでしょう。

   ただ、携帯電話は多くの国民が持っているようで、2018年時点で100人当たりの公衆携帯電話サービスの契約数は146.9人となっています。

   そのため、ビットコインを法定通貨にすることで携帯電話などで手軽に管理運用利できるようにしたいのでしょう。

   2020年10月にペイパルが仮想通貨の取り扱いを開始しており、今では世界中のユーザーが利用できるようになっています。

   今回、エルサルバドルの仮想通貨決済を後押ししたのは、国際送金を手掛けるストライプで、3月からエルサルバドルでの利用が始まっているそうです。つまり、突然の発表に見えるビットコインの法定通貨の採用も、数か月のテスト期間があり、国を悩ます問題解決に向けた英断といえる可能性があります。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨@hiropi_fx
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将@goahead5055
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中