2021年 9月 22日 (水)

モチベーション「上げ」マンは交流を好む しかも「類を以て集まる」から会話が弾む(西野一輝)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   前回と前々回にて、モチベーションが高い人が取り組んでいることを紹介しました。その続きを、さらに書いていきたいと思います。

   コロナ禍で難しい状況になっていますが、仕事のモチベーションが高い人は、人と交流することを好んで行います。そんな人を取材しました。

  • 会話で得られることは多い(写真はイメージ)
    会話で得られることは多い(写真はイメージ)
  • 会話で得られることは多い(写真はイメージ)

Sさんは社内で誰もが認知する「モチベーター」

   Sさんは、社内で「モチベーター」と命名されるくらいにモチベーションが高い状況で仕事を続けている人として有名な存在。いつも、目標達成やビジョン実現に向けて「どうすればできるか」という思考を持ち、その方向にチームを引っ張ろうと発言、行動します。

   Sさんがいる職場やチームは、その人の言動を見て、チームも感化されて良い方向に引っ張られると、社内では誰もが認知するくらい。

   ただ、いつも元気で、疲れないの? どうしたら、高いモチベーションが維持できるの? 自分には無理かも? とその存在が稀有であり、マネできないと思われているようですが、その秘訣をうかがうことができました。

   Sさんはコロナでもリモートイベントへの参加やSNSを活用して交流機会を果敢につくり続けていました。社内会でリアルイベントの中止に伴い、代わりに行われることがあるリモート企画。対面でないとつまらないと、参加に消極的な人もいますが、Sさんは違います。積極的に参加して、参加者と対話を行います。

   さらに言えば、参加するだけでなく、自らが主催者としてイベントを企画。知人経由で新たな知り合いを増やして、ネットワークを広げています。

西野一輝(にしの・かずき)
西野一輝(にしの・かずき)
経営・組織戦略コンサルタント
大学卒業後、大手出版社に入社。ビジネス関連の編集・企画に関わる。現在は独立して事務所を設立。経営者、専門家など2000人以上に取材を行ってきた経験を生かして、人材育成や組織開発の支援を行っている。
著書に、「モチベーション下げマンとの戦い方」(朝日新書)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中