2021年 9月 19日 (日)

BTC下落も職業大が「綱渡り生還」 ETHの明大も踏ん張る、いよいよ始動!?同志社大(第8節)【暗号通貨バトル Aグループ】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   今週(2021年7月12日週)はビットコイン(BTC)が下落した。

   そうしたなか、職業能力開発総合大学校のさっちんが、BTC下落の動きに機敏に対応して、しっかり利益を確保。イーサリアム(ETH)を保有する明治大学の城正人さんは、BTC につれて下げるETHを抱えて、じっとガマンを続ける。

   BTCのレンジ相場の状況を注視してきた同志社大学のしがないトレーダーさんが、いよいよ始動するかもしれない。レンジ相場の底値狙いを考えているようだ。

  • 職業大学校のさっちんさんが首位に!
    職業大学校のさっちんさんが首位に!
  • 職業大学校のさっちんさんが首位に!

想定外! ついに含み益消滅か(明治大学 城正人さん)

◆ 今週の値動き
   今週は市場全体的にパッとしない値動きでした。主要な通貨であるビットコインやイーサリアム価格も一方的にズルズルと下落を続けました。

   それほど影響はなかったようですが、下落要因としてFRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長が「ステーブルコインを始めとする暗号通貨はデジタルドルがあれば必要ない」と発言したことが挙げられると考えられます。

   ステーブルコインとは、米ドル連動型の暗号通貨を指し、中央銀行が発行すれば現状のドルをそのまま暗号通貨として利用できるという点でメリットがあります。中央銀行が勝手にお金を刷れるという、中央集権的な仕組みがいつまで続くのかわかりませんが、国際間の送金などである程度は需要があると思います。

   私はここしばらくイーサリアムに投資し続けていましたが、今回のゆっくりとした下落によって、ついに買値を下回りました。

   市場にはかなり割安感が漂っており、損切りまたは利益を確定するタイミングではないと考えます。しかし、市場が閑散としている雰囲気も同時に漂っており今後大きな上昇がどのタイミングで起きるのか、まったくわかりません。

   そこで、この見立ても外れ、下落に向かった際の損切りポイントを先に定義しておこうと思います。

◆ 今後下落した際のポジション管理

Tradingviewより引用
Tradingviewより引用

   イーサリアムの価格推移を分析するうえで重要だと考えられるポイントは大きく二つあると考えられます。

   一つ目は2018年につけた高値の1400ドルです。画像では赤色で示していますが、2021年1月に上昇を始めてから1400ドルの高値を更新するのに1か月ほど要しており、それ以降はほとんど1400ドルを割らずに上昇しています。今回の下落においても支持線として機能するのではないでしょうか。

   次に重要視されるであろう価格帯としては2000ドルです。2021年前半の上昇局面において先程述べた1400ドルの抵抗線を突破した後、2000ドルの抵抗線に阻まれなかなか上昇できていないことがチャートからわかります。

   現状のイーサリアム価格は2000ドルの節目を割って推移していますが、直近の下げは1700ドル台までの下落に留まっており1400ドルの抵抗線を試しに行く展開とはなっていません。ただし、高値を切り下げながらのジリ下げという展開はあまり好ましいものではなく、どこまで下落が続くのかわからない状況です。ここはひとまず様子見で静観し、1400ドルを割るようであれば撤退します。

◆ まとめ
   今回はイーサリアムの今後の価格推移を中心に解説してみました。これまでの取引できちんとシナリオを作っておらず、利益を出せていなかったので今後の取引に生かしていこうと思います。もちろんあくまで一つのシナリオですから市場の状況が急激に変化した際には柔軟に対応したいと思います。

総資産は、1万318円(7563円=0.035ETH、現金2755円)
取引なし

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
7月20日にイーサリアムは4度目の1700ドル前半で反発しました。そこではしっかりとした買い手がいそうです。8月前半にロンドンアップデートを控えている他、5月10日に米国の資産管理会社のヴァンエック(VanEck)が、米国で初めてのイーサリアムETFの申請を米証券取引委員会に提出しています。ここ最近、ビットコインよりも反発力があることから、ETFの申請が許可されると戻りも強くなりそうです。
さらに、7月22日の暗号通貨のカンファレンスでテスラ社のイーロンマスクCEOが イーサリアムの保有を明らかにしたことでしっかりした値動きとなりつつあります。

保有する暗号通貨    イーサリアム
前週からの損益    マイナス539円
7月16日現在        1万318円

明治大学 城正人(じょう まさと)
明治大学 城正人(じょう まさと)
経営学部2年。明治大学投資サークルBreakouts!に所属。暗号資産が今後の社会に与える影響に魅力を感じ手当たりしだい勉強中。これまで暗号資産のトレード経験はほぼなくETH(イーサリアム)ガチホを続けてきました。ポテンシャル、技術の面を中心にそれぞれの通貨の特徴を見極めて投資していきたいと思います。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中