2021年 9月 23日 (木)

アフターコロナでも人材ビジネスは伸びる!? 「パーソルホールディングス」を読む(慶応義塾大学 も~り~)【企業分析バトル】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   【6本目】みなさん、こんにちは! 慶応義塾大学のも~り~です。

   今回自分が選んだ銘柄は、東証1部に上場する「パーソルホールディングス」(2181)です。この銘柄は、テレビCMでよく名前を聞く人材派遣大手で、その業務内容は大手ということもあって、人材派遣だけでなく、転職サービスやITなどの専門領域に特化したアウトソーシング事業などを手掛けています。

  • 人材ビジネスのパーソルホールディングスに注目(写真はイメージ)
    人材ビジネスのパーソルホールディングスに注目(写真はイメージ)
  • 人材ビジネスのパーソルホールディングスに注目(写真はイメージ)

主力はアウトソーシングの「スタッフィング事業」

   下図は、パーソルホールディングスの決算説明資料から引用したもので、事業は大きく6つに分けられます。そのうち、売り上げの多くを占めているのは、事務や研究といった分野に人材派遣を行い、官公庁事業に向けたアウトソーシングなどの人材紹介を主に行うスタッフィング事業です。

   次いで、IT業務系のアウトソーシングやITエンジニアなどの専門職へ向けた人材派遣専門に特化した人材派遣を行うプロフェッショナルアウトソーシング事業。主にアジア向けの人材派遣や人材紹介アウトソーシングなどを行うアジアパシフィック事業の3つが売り上げの「3本柱」になります。

パーソルホールディングスの2021年3月期決算より
パーソルホールディングスの2021年3月期決算より

   スタッフィング事業は同一労働同一賃金の対応などに関わる人材派遣の請求単価の上昇などによる収益の向上が見込め、プロフェッショナルアウトソーシング事業では企業のITに対する関心や需要が旺盛である背景から、ITエンジニアの専門職の人材派遣が活発です。アジアパシフィック地域における人材派遣事業はシンガポールやオーストラリアの人材派遣需要も回復傾向にあるため、今後のアフターコロナを見据え、景気回復に伴い、さらなる人材の必要性が高まるので、さらに大きな収益改善が見込まれます。

   また、コロナ禍の影響を大きく受けたキャリア事業では、中途採用や新卒採用、転職メディア・転職支援といった、主に人材紹介に取り組んでおり、テレビCMなどでも有名な「doda(デューダ)」などを取り扱っています。

   この事業の今期業績は大きな減少となり、かなり厳しいものとなりましたが、景気に敏感な部分ではあるので、世界的に見ればコロナ以前の経済状況に戻っている地域も多いので、景気回復に伴い、大きな収益改善増益が見込まれています。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中