2021年 9月 26日 (日)

【7月は応援! 五輪・パラリンピック】1964年の東京パラリンピックは3つの名称を持つ大会だった!

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東京五輪・パラリンピックが2021年7月23日に開会式を迎える。新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期され、いまなお世界各地で猛威を振るっている中での開催に、さまざまな議論が巻き起こっているが、アスリートの活躍には応援の声を届けたい。そう思っている人は少なくないだろう。

   そんなことで、7月はオリンピックとスポーツにまつわる本を紹介しよう。

   オリンピックの開催の是非や「無観客」での開催にばかり関心が集まり、パラリンピックについては、あまり報道されていない。本書「1964年の東京パラリンピック」は、その大会がすべてのパラリンピックの原点になったとする本である。

「1964年の東京パラリンピック」(佐藤次郎著)紀伊國屋書店
  • パラリンピックの歴史を紐解く一冊
    パラリンピックの歴史を紐解く一冊
  • パラリンピックの歴史を紐解く一冊

1人の整形外科医が動いた

   著者の佐藤次郎さんは、1950年生まれ。中日新聞社に入社し、同東京本社(東京新聞)の社会部、特別報道部などをへて運動部に勤務。夏冬合わせて6回のオリンピック、5回の世界陸上大会を現地取材。運動部長、編集委員兼論説委員を歴任したのち、2015年退社。スポーツライター、ジャーナリストとして活動している。著書に「東京五輪1964」(文春新書)、「オリンピックの輝き」(東京書籍)などがある。

   佐藤さんは長いスポーツ取材の中でもっぱら目を向けてきたのは、あまり注目されない競技やさほど目立たない選手だったという。1964年の東京オリンピックの直後に開かれた東京パラリンピックがあまり知られていないこともあり、取材に着手した。

   そこで浮かび上がったのは、日本選手団の団長をつとめた中村裕医師の尽力ぶりだった。当時、大分県の国立別府病院整形外科科長だった37歳の青年が、なぜパラリンピックを実現したのか? 障害者スポーツの歴史から、解きほぐしている。

   1960年夏、中村は英国・ロンドン郊外のアイレスベリーにあるストークマンデビル病院にいた。同病院の脊髄損傷センターを率いるルードウィヒ・グットマン博士の治療とリハビリは、重度の障害を負った人たちを驚異的な効率で社会復帰させていた。

   その「秘密」を探ろうとやってきたのだ。医局員として勤務につきながら観察したが、特別な手術を施しているわけではなかった。医師や看護師だけでなく、当時まだ日本にいなかった理学療法士、作業療法士らにケースワーカー、就職斡旋の専門家までも加えたチームが、一人ひとりの患者に対して、最も適切な訓練や指導をていねいに施していくことが「秘術」の神髄だった。

   もう一つ重要なことを発見した。グットマンの治療・訓練の中心に「スポーツ」があったのだ。「手術よりスポーツ」「身体障害者に最も有効な治療はスポーツである」が、グットマンの考えだった。

   脊髄損傷で下半身不随になっても、ベッドに寝かせておくのではなく、なるべく早い時期から機能回復を目指すトレーニングを始めさせる。卓球や水泳、車いすバスケットボール、アーチェリーなど、さまざまなスポーツをリハビリに取り入れていた。当時の日本の医療では思いもよらないことだった。

   やがてグットマンは、障害者にとってスポーツは治療やリハビリの方法だけにとどまらず、健常者と同じように競技としても成り立つのではないか、と考えるようになった。こうして医療の枠を超えた、「障害者スポーツ」という考え方が生まれたのである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中