2021年 9月 21日 (火)

【SDGsニュース】SDGs「行動の10年」なのに...... 半数以上の企業が「取り組んでいない」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   企業のSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)への取り組みが活発になってきている一方で、「取り組んでいない」企業が50.5%と半数にのぼることが、帝国データバンクの調査でわかった。積極的な企業は39.7%だった。2021年7月14日の発表。

   SDGsは2015年9月の国連サミットで、世界193か国が産官学民などのステークホルダーとともに同意した「2030 年アジェンダ」に掲載されている世界共通の目標。2030 年の SDGs 達成に向けて、20年1月からは「行動の 10 年(Decade of Action)」に位置付け、取り組みの加速が期待されている。

  • SDGs、半数が「取り組んでいない」
    SDGs、半数が「取り組んでいない」
  • SDGs、半数が「取り組んでいない」

中小企業、社会的責任よりも自社の業績アップ

   調査によると、自社でのSDGsへの理解や取り組みについて、「意味および重要性を理解し、取り組んでいる」企業は14.3%で、前回調査(20年6月)から6.3ポイント増えた。また、「意味もしくは重要性を理解し、取り組みたいと思っている」は 25.4%で同 9.0 ポイント増。合わせて、「SDGsに積極的」な企業は前回から15.3ポイント増の39.7%となり、より大きく増えた。SDGs に対する企業の取り組みや意識は前年より大きく拡大している。

   取り組んでいる企業からは、

「取り組むことで今まで見えなかった課題が見えてきた。社会貢献のみならず新たな顧客サービスを生み、ひいては業界全体の発展につながると思う」(缶詰・瓶詰食品卸売、広島県)
「今まで取り組んでいた内容をSDGsの項目に落とし込んだことで意識するようになった」(特殊産業用機械機器具卸売、埼玉県)

   と、前向きな声が聞かれた。

   その一方で、「言葉は知っていて意味もしくは重要性を理解できるが、取り組んでいない」が41.4%となり、前回から8.5ポイント増で4割超となり、全体で最も多かった。また、「言葉は知っているが意味もしくは重要性を理解できない」は9.1%で、合わせて50.5%と半数を超える企業が、SDGsの存在を知りつつも「取り組んでいない」ことがわかった。

「中小企業にとって社会的責任の比重は自社の業績に比較して明らかに低く、明確な対応をとるレベルではない」(一般製材、愛媛県)

   といった声があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中