2021年 9月 21日 (火)

やっと出会えた「天職」が市役所の非正規職員 女性の投稿が賛否激論! 正規公務員からは「無責任で楽チン」と...(1)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!
「周囲の人は優しいし、ノルマはないし、仕事が面白くて仕方がない。何よりいろいろな条例や法律を知ることが楽しい」

   40歳独身。大学卒業後、新卒入社の会社でいじめられて病んで退職後、職を転々とした女性がようやく「天職」と思える仕事に出会った。市役所の非正規職員だった。

   しかし、いずれ退職しなくてはならない。正規職員を目指すには難関の「氷河期枠」の試験を突破しなくてはならない。どうしたらよいかという投稿が話題になっている。

   正規の公務員経験者たちからは、

「非正規の人は責任がなくて楽チンだ。それを『天職』というのはおこがましい」

と冷ややかな意見が相次いだ。

   一方、

「『天職』と思うのならぜひ氷河期枠に挑戦しなさい!」

と熱いエールを送る人も多い。専門家に聞いた。

  • 公務員の仕事は窓口業務も楽しい(写真はイメージ)
    公務員の仕事は窓口業務も楽しい(写真はイメージ)
  • 公務員の仕事は窓口業務も楽しい(写真はイメージ)

「穏やかな人ばかりで『仕事できるね!』とほめてくれます」

   話題になっているのは、女性向けのサイト「発言小町」(2021年7月20日付)に載った「40歳独身。天職に出逢えたが正規になる手立てがなくつらい」というタイトルの投稿だ。

「40歳にしてようやく天職に出会いました。市役所の事務です。大学卒業後新卒で仕事ができず、同僚からいじめられて病み、半年で退職。その後合う仕事がないまま職を転々とし、派遣をいくつか経験して雇い止めとなり、次に見つけたのが市役所の非正規でした。正直天職でした」

というのだった。

   職務は正規とほぼ同じ。できるか心配だったが、すごく自分に合っている。いろいろな法律や条例を知るのが楽しく、事務作業はルーチンワークが多くてやりやすい。窓口もやり、市民から時折クレームがくるが、自分の仕事に自信が持てているからか苦にならない。

「同じ部署の人は、穏やかな人ばかりで私のことを『仕事できるね!』と褒めてくれます。民間で、ノルマを課せられピリピリしている上司にミスを責められ、私が萎縮してまたミスする悪循環が消えました。できれば定年までこの仕事を続けたいですが、非正規はどんなに仕事を頑張っても正規にはなれず、今の職場もいずれ去らねばなりません。自治体の職員募集を見ましたが、経験者採用は職務経験不足と年齢で応募できず、氷河期採用は狭き門なので、合格する気がしません。やっと見つけた天職ですが、あきらめるしかないでしょうか」

と、アドバイスを求めるのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中