2021年 12月 6日 (月)

これが「極意」! 手がけるプロジェクトは毎回イチからの気持ちで  長谷工コーポレーション 名古屋支店長の間瀬さゆりさん

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「♪タラタタッタタ。マンションのことなら、わかるんだ。」のテレビCMでおなじみ。分譲マンションの施工で業界トップの長谷工コーポレーションの名古屋支店に、同社初の女性支店長が誕生した。

   建設業界といえば、男性社会のイメージが強いが、そんな環境でキャリアを積んできた長谷工コーポレーション 東海営業部門 名古屋支店長の間瀬(ませ)さゆりさんに、これまでの仕事への取り組みや、自身が切り拓いてきた道のりを聞いた。

  • 名古屋支店長に就いた間瀬さゆりさん(右端、名古屋支店のみなさんと)
    名古屋支店長に就いた間瀬さゆりさん(右端、名古屋支店のみなさんと)
  • 名古屋支店長に就いた間瀬さゆりさん(右端、名古屋支店のみなさんと)

支店開設時に入社、以来ずっと名古屋一筋

――2021年4月、長谷工グループの営業部門で初の女性支店長に就任しました。現在の名古屋支店の状況やこれまでの取り組まれてきたことを、教えてください。

間瀬さゆりさん「当社の名古屋支店が開設されたのが31年前になりますが、私自身はちょうどそのときに入社して、たまたま転勤もなくずっと名古屋支店で営業として勤務してきました。開設当時の支店の社員数は6人でしたが、現在94人にまで増え、大きく成長しました。
長谷工コーポレーションは、元々、分譲マンションの設計・施工をメイン事業としていますが、名古屋支店でも、徐々にマンションの施工に進出し、いまのような本格的な工事ができるようになって20年強となります。そうしたなか、私自身は「不動産開発」と言われるマンション事業用の土地の仕入れに携わってきました。具体的には、不動産業者や地主、取引先銀行との交渉などをメインに担当。今年(2021年)4月に、東海営業部門の名古屋支店長に着任し、建築受注の分野にも携わっています」

――これまでさまざまなプロジェクトに関わってこられたと思いますが、手掛けたお仕事の中で、印象に残っているものはありますか。

間瀬さん「不動産の仕事は何一つとして同じ仕事がなく、大量生産できるようなものではないので、関わったすべての物件がとても印象に残っています。あえて一つを選ぶとしたら、2010年に参加した東海圏でマンション戸数最大規模(総戸数997戸)の藤が丘プロジェクトでしょうか。その用地の仕入れで、約2万坪の土地を購入させていただきました。いまでも名古屋エリアでは、この規模の記録は破られていません。
プロジェクトとしてはかなり長いスパンで進行することになりますが、藤が丘プロジェクトでいえば、土地の仕入れから、施工して販売が終了するまで10年以上かかりました。、私が担当したのは初期の土地の仕入れの部分ですが、自分が関わったプロジェクトには思い入れがあり、やはり終わるまでは気になってしまいますね。 手掛けるプロジェクトは、毎回とても新鮮で、あっという間に30年が過ぎていたというのが正直なところです」
水野 矩美加(みずの・くみか)
水野 矩美加(みずの・くみか)
アパレル、コンサルタント会社を経てキャリアデザインをはじめとする人材教育に携わる。多くの研修を行う中で働き方、外見演出、話し方などの自己表現方法がコミュニケーションに与える影響に関心を持ち探求。2017年から、ライター活動もスタート。個人のキャリア、女性活躍、ダイバーシティに関わる内容をテーマに扱っている。
戸川 明美(とがわ・あけみ)
戸川 明美(とがわ・あけみ)
10数年の金融機関OLの経験を経て、2015年からフリーライター、翻訳業をスタート。企業への取材&ライティングを多く行う中で、女性活躍やダイバーシティの推進、働き方の取り組みに興味をもつ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中