2021年 9月 23日 (木)

誰も教えてくれない?! オリンピックにまつわる色の話(入澤有希子)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京2020オリンピックが始まりましたね。日本は連日のメダルラッシュで、選手たちから、たくさんの勇気や感動をもらっている方も多いと思います。

   きょうはオリンピックにまつわる色の話をお伝えします。お仕事で色を決める場面に立ち会う時には、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

五輪旗の5色、地の「白」にも意味がある

   オリンピックのシンボルは、青、黄色、黒、赤、緑の5色の輪が組み合わさったデザインです。ここにはもちろん意味が込められています。いったいどんな意味が込められているのでしょうか――。

   東京2020大会ガイドブックには、近代オリンピックの父クーベルダン男爵の言葉とともに、次のように書かれています。

   オリンピックの五輪マークは5つの輪が重なっています。これは世界五大陸(南北アメリカ・ヨーロッパ・アフリカ・アジア・オセアニア)を表しています。

   全世界の人たちが平和の精神のもと、スポーツで手をつなぎ合おうという意味があります。

   また、青、黄、黒、赤、緑の色は地色の白を加えると、世界の国旗のほとんどを描くことができるという理由で選んだと、考案者であるクーベルタン男爵は書き残しています。

   背景の白にも、ちゃんと意味があると知っていた方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。どの色にも、世界平和の精神が込められていて、素晴らしいですね。

   さらに、パラリンピックのシンボル「スリーアギトス」も国旗に由来しています。スリーアギトスは、困難なことがあっても諦めずに、限界に挑戦し続けるパラリンピアンを表すシンボルです。色は3つ。青、赤、緑が使われています。なぜなら、その3色が世界の国旗で、最も多く使用されているからなんです。

   このように、色を決めるときには、どんな理念や思いを込めているかがとても大切です。では、東京2020エンブレム「組市松紋(くみいちまつもん)」の色はどのように決められたのでしょうか――。

   こちらは日本の伝統色で、粋な色とされていた藍色が選ばれました。藍色は、植物染料の「藍」をもちい藍染と言われる染色方法で染められます。藍は、木綿に良く染まるので、木綿が普及した江戸時代に、藍染めが盛んに行われていました。

   「紺屋の白袴(こうやのしろばかま)」ということわざがあります。人のために忙しく働いて、自分の事をする暇がないことのたとえです。江戸時代に、紺屋(藍染業などをしていた染物屋)が繁盛していたことを今に伝えています。

   また、江戸時代には、奢侈禁止令といって、華美な色を着ることを禁じられていました。明治初頭に来日した英国人科学者のアトキンソンが、町が藍色に彩られている様子を「ジャパン・ブルー」と表現していることからも、海外からも、藍色は日本を象徴する色として認識されていたようです。日本を代表して試合をするスポーツ選手のユニフォームに、赤と白以外に藍色が使われているのも、このような理由からなんです。

入澤有希子(いりさわ・あきこ)
入澤有希子(いりさわ・あきこ)
パーソナルスタイリスト
美容専門学校・高等学校色彩学講師
ミスユニバースビューティーキャンプ講師、テレビの変身企画スタイリストなどを経験。フリーランスでパーソナルスタイリストをしつつ、最近はベンチャー企業でセカンドOLデビューを果たした。働くママの大変さを実感し、働くママ100人へのインタビュー活動「we MAMA」を立ち上げる。さまざまな働き方があることを伝える活動も実施中。法政大卒。37歳。
ブログ https://ameblo.jp/akiwasa/
ホームページ https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
we MAMA https://note.com/we_mama
著書に「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」(Kindle版)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中