2021年 9月 23日 (木)

海外メディアが興奮した日本の新スターは誰?【英語で話す東京五輪 その1】(井津川倫子)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   早いもので、東京オリンピックの閉会が近づいてきました。

   テニスの大坂なおみ選手や米体操のシモーネ・バイルズ選手など、活躍を期待されたスターの不調ぶりとは裏腹に、10代の若いスターが誕生するなど新たな輝きも見えた今大会。当初はイマイチ盛り上がりに欠けた海外メディアの報道も、後半戦は少しずつ熱を帯びてきた印象です。

   これまでの日本選手の活躍ぶりを英語で話してみませんか? 今回は、「英語で話す東京五輪」特集の第1弾です。

  • 「演技をしない」女王が人々の心をつかんだTOKYO2020
    「演技をしない」女王が人々の心をつかんだTOKYO2020
  • 「演技をしない」女王が人々の心をつかんだTOKYO2020

新スター「Horigome」誕生に、海外メディアも興奮ぎみ!

   まずは、今大会の日本金メダル第1号となった柔道男子60キロ級の高藤直寿選手の話題です。2016年のリオデジャネイロ五輪の銅メダリストでもある高藤選手は、全4試合中3試合が延長戦となる激戦を勝ち抜きましたが、開催国の金メダル第1号とあって、あのニューヨーク・タイムズ紙にも取り上げられました。

Naohisa Takato wins Japan's first gold medal in Tokyo Olympics
(高藤直寿選手が、東京五輪で日本の金メダル第1号を獲得した:米ニューヨーク・タイムズ紙)

   同じく柔道で話題になったのは、兄・阿部一二三、妹・詩両選手のきょうだい同日「金」でした。すべての競技において、きょうだいが同日に「金メダル」を獲得するのは五輪史上「初」だそうです。海外メディアも「同日金メダル」を強調していました。

Japanese judokas become first brother and sister to win gold at same Olympics
(日本の柔道家がオリンピック史上初めて、きょうだいで同日に金メダルを取った:米メディア)

   英語でも「judoka」(柔道家)がそのまま使われるのですね。「karaoke」(カラオケ)のように、すっかり万国共通のことばになっているようです。

   続いては、新たなスターの誕生を告げる話題です。

   今大会から五輪の新種目となったスケートボード・ストリート男子の初代チャンピオンになったのは、弱冠22歳の堀米雄斗選手でした。なんとなく韓流スターを彷彿させる風貌もあってか、英BBC放送などの海外メディアが顔写真のアップ付きで大々的に報じていました。

Japan's Horigome crowned first male skateboarding champion
(日本の堀米がスケートボードの初代男子チャンピオンの王位についた:米NBCスポーツ)
crowned:王位についた

   堀米選手に劣らない露出度を誇ったのは、スケートボード・女子ストリートで金メダルを獲得した西矢椛選手でした。13歳の女王誕生を、海外メディアも興奮気味に伝えていました。

13-year-old Olympic skateboarder Momiji Nishiya becomes one of the youngest gold medal winners ever
(13歳のスケートボーダー西矢椛選手が、史上最年少の金メダリストの一人になった:米CBSニュース)

   西矢選手のくったくのない笑顔は、しばらくの間海外メディアを賑わせていました。自然体で世界の頂点に立った若き二人のスターの姿に、世界中が新時代の到来を感じたようです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中