2021年 9月 19日 (日)

テレワークでマンションの苦情増えた!? 社会問題化する「巣ごもり騒音」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルスの感染防止から巣ごもりやテレワークが広がるなか、マンション住民にさまざまな問題が持ち上がり、苦情も急増しているという。家で過ごす時間が長くなった人が多くなり、騒音が増えているほか、これまで気づかなかった匂いなどが気になることが要因だ。

   世相を映した形の「巣ごもり騒音」が新たな社会問題として浮上している。

  • 生活音が気になる! 「巣ごもり騒音」でマンションの苦情が増えている(写真はイメージ)
    生活音が気になる! 「巣ごもり騒音」でマンションの苦情が増えている(写真はイメージ)
  • 生活音が気になる! 「巣ごもり騒音」でマンションの苦情が増えている(写真はイメージ)

ちょっとした生活音にも不満... そんな人が増えた

「昨年から急激に多くなったのが住民同士の騒音などの苦情です。子どもやペットの声だけでなく、掃除機や洗濯機など、ちょっとした生活音に不満を持つ人も増えています」

   そう話すのは、東京都内の不動産業界関係者だ。

   コロナ禍で、会社や学校には行かず、自宅にとどまって仕事や勉強に取り組むようになった人は多い。感染防止には欠かせない新しい生活様式が始まったわけだが、人がいれば「音」も増える。足音や声をはじめ、吸引力の向上で大きくなった掃除機の吸引音、さらに洗濯機をまわすモーター音などにストレスを感じる人が急速に増え、管理組合や管理会社などを悩ませているという。

   単なる苦情で済むならいいが、騒音を巡っては深刻なトラブルに発展するケースも実際に出ている。在宅勤務とは関係ないが、東京都足立区では2020年5月、アパートに住む男が「物音がうるさい」と隣人の部屋に押しかけ、そこにいた家族を刃物で切りつけ殺傷する事件も起きたのは記憶に新しい。

   コロナ禍前は平日昼間にはほとんど家にいなかった若者や夫婦二人世帯などが在宅生活を送るようになったことで住環境の悪さに初めて気づくケースもあるという。都心近辺に住む一人暮らしのある女性は「家でテレワークをしていたら、ベランダの窓からひっきりなしにたばこの煙が入ってきて、管理会社に文句を言うしかなかった」と話す。コロナ禍がなければ不満を言わずに済んだかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中