2021年 9月 22日 (水)

心揺さぶる開会式は五輪を上回る高評価! 海外メディアは東京パラリンピックをどう伝えた~「英語で話す東京パラリンピック」その2

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   いよいよ東京パラリンピックが開幕しました。今大会のコンセプトは「WE HAVE WINGS」(私たちには翼がある)で、「勇気を出して翼を広げることで、思わぬ場所に到達できる」という意味が込められているそうです。

   このコンセプトを前面に打ち出した開会式が世界中で放映されましたが、海外メディアの評価は上々。東京五輪の開会式と比べても、力強いメッセージが伝わって高評価につながっているようです。

  • 東京パラリンピックが開幕した!(写真は、パラリンピックのシンボルマーク「スリーアギトス」)
    東京パラリンピックが開幕した!(写真は、パラリンピックのシンボルマーク「スリーアギトス」)
  • 東京パラリンピックが開幕した!(写真は、パラリンピックのシンボルマーク「スリーアギトス」)

開会式の評価は東京五輪に大きく差をつけた!

   2021年8月24日の東京パラリンピック開会式では、多様性のある、さまざまなパフォーマンスが行われました。では、「東京パラリンピックが開会した」は英語でどう伝えればよいのでしょうか?

Tokyo Paralympics start
(東京パラリンピックがスタート)

Tokyo Paralympics opened
(東京パラリンピックが開幕した)

Tokyo 2020 Paralympics begin
(東京パラリンピックが始まる)

   上記の3例は、いずれも海外メディアの報道から抜粋しましたが、「start」「open」「begin」といった初級単語を使っていて、ハードルがぐんと下がります。

   前置詞「with」を使って、開会式の様子を伝える表現も使えそうです。

Tokyo 2020 Paralympics get under way with powerful opening ceremony
(パワフルな開会式で、東京パラリンピックが始まった:英国BBC放送)
get under way 始まる

Tokyo Paralympics start with glittering and fitting opening ceremony
(輝かしくふさわしい開会式で東京パラリンピックが始まった:インドメディア)
glittering:輝かしい、キラキラしている
fitting:ぴったりの、ふさわしい

   「fitting」(フィッティング)は、「フィッティングルーム」などでも使いますが、「ぴったりの」「ふさわしい」という意味の形容詞です。「パラリンピックのコンセプトにぴったりと合った開会式だった」ということでしょう。

   開会式をめぐる報道では、他にも「full of colour」(色彩にあふれていた)、「joyous」(喜びに満ちていた)、「inspirational」(心を揺さぶった)と好意的な表現が多勢を占めています。開会式の評価を見る限り、先に行われた東京五輪を大きく引き離しているようです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中