2021年 9月 17日 (金)

熾烈さ増す!? QRコード決済競争、第2幕 手数料有料化のペイペイが次に狙うのは......

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   スマートフォン決済大手のPayPay(ペイペイ)は、サービス開始から無料にしてきた中小事業者向けの決済手数料を2021年10月以降は有料にすると発表した。

   これまで、資金力と営業力をフル活用して利用者と加盟店を増やし、スマホ決済で国内最大手の地位を固めてきたが、事業そのものは経費の「持ち出し状態」で赤字が続いている。有料化を契機に、最大手の強みを生かしたビジネスを推し進め、収益源に転換していく構えだ。

   2018年10月のサービス開始から3年間は中小事業者向けの決済手数料を無料にすると表明しており、その後の対応が注目されていた。

  • ペイペイ、10月から中小事業者向けの決済手数料を有料化(写真はイメージ)
    ペイペイ、10月から中小事業者向けの決済手数料を有料化(写真はイメージ)
  • ペイペイ、10月から中小事業者向けの決済手数料を有料化(写真はイメージ)

ペイペイ、QRコード決済シェアで6割弱

   2021年8月19日にペイペイが発表した内容は、クーポンの発行機能などをセットにした月額1980円のプランでは手数料率1.6%、決済のみならば1.98%にするというもの。バーコードやQRコードを使うコード決済としては、他社の2~3%と比べてなお低く、交通系ICカードなどの電子マネーで主流となっている3%程度よりも水準を抑えた。

   同業他社にとって、ペイペイは引き続き手強い存在になりそうだ。

   ペイペイなどのQRコード決済を巡っては、スマホ本体の普及を背景にして2018年ごろから参入の動きが本格化した。相乗効果が期待できる携帯電話会社が特に注力しており、ソフトバンク系のペイペイをはじめ、NTTドコモはd払い、KDDIはauPAYを展開する。

   各サービスは取扱高を増やすために、キャンペーンを打って利用者を集める一方、地道な営業で加盟店を増やしていった。特にペイペイは「100億円キャンペーン」など利用に応じた大型還元で利用者を獲得。併せて中小事業者向け決済手数料を無料にすることで、街中の個人営業の店舗にも加盟店網を築き、加盟店網の厚さが利用を拡大させるという循環を生んでいる。

   こうした思い切った先行投資が奏功。QRコード決済そのものが政府の後押しもあって日本に定着していくなか、ペイペイはQRコード決済で6割弱のシェアを獲得した。

   他方、投資ばかりでは赤字垂れ流しになり、運営会社ペイペイの2021年3月期は726億円の営業赤字だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中