2021年 9月 17日 (金)

【日韓経済戦争・番外編】超高級果物を韓国にパクられ放題の日本 ひと房140万円のブドウまで「打つ手ナシ」とは...

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   安倍晋三前首相が半導体部品を輸出規制したことで2019年7月に始まった「日韓経済戦争」だが、それよりはるか前から続いている日本と韓国の「経済戦争」がある。超高級ブランド果物の栽培・販売をめぐる「日韓フルーツ戦争」だ。

   最近は、ひと房140万円もする石川県産の超高級ブドウ「ルビーロマン」が「無断」で、韓国内で栽培・販売されていることがわかった。

   これまでも一方的に負け続けている日本だが、それが今でも「打つ手ナシ」だという。いったいどういうことか――。

  • ひと房140万円もする超高級ブドウ「ルビーロマン」(JA全農いしかわの公式サイトより)
    ひと房140万円もする超高級ブドウ「ルビーロマン」(JA全農いしかわの公式サイトより)
  • ひと房140万円もする超高級ブドウ「ルビーロマン」(JA全農いしかわの公式サイトより)

韓国農家「日本は先進国だから大目に見てほしい」

   なんと、ひと房で百数十万円、ひと粒で5万円以上もする超高級ブドウがあるのをご存じだろうか。石川県が開発した「ルビーロマン」だ。2021年7月16日、石川県金沢市の金沢中央卸売市場は、「ルビーロマン」をめぐる2つの新記録で沸いた。

   石川県の農協組織「JA全農いしかわ」の公式サイトが、こう伝える。

「本日早朝、令和3年度産ルビーロマンの初競りが行われました。特秀Gクラス900グラムの房が140万円の過去最高値で競り落とされました。青果専門店の株式会社堀他さんが競り落とし、株式会社裕源さんが経営する台湾のスーパーマーケット『裕毛屋』に納入されることになりました。ついにルビーロマンが海外へ! 生産者や関係者機関が一丸となって作り上げた令和3年度産ルビーロマンを今年度もどうぞよろしくお願いいたします!」

   ひと房140万円という史上最高の価格とともに、初めて海外(台湾)に出荷されることになったわけだ。ルビーロマンは鮮やかな赤色で、まるで宝石のような輝き。ひと粒の大きさはピンポン玉ほど、巨峰の2倍にもなる。ひと房に25粒ついていたとすると、ひと粒なんと5万6000円。驚きの値段だ。

   その喜びから2週間後、驚愕のニュースが伝わってきた。初めて海外(台湾)にお披露目したばかりのルビーロマンが、なんと堂々と韓国の百貨店で売られているというのだ。韓国の経済紙が「ソウルの百貨店で日本の超高級ブドウ『ルビーロマン』の予約販売を始めた」と報じたのだ。

   しかも、韓国で栽培もされているという。いったい、どういうわけか。フジテレビ取材班がさっそく現地に飛んだ。

   FNNプライムオンライン(8月9日付)「【独自】今度は140万円の高級ブドウ『ルビーロマン』が標的に... また韓国にパクられた日本ブランド」が、こう伝える。

「限定販売されるという百貨店に私たち取材班は向かった。一番目立つ場所に『ルビーロマン』と書かれた桐の箱に入れられたブドウがある。店員に話を聞くと、販売開始2日間で入荷した数は計15房。いずれも完売した。1房当たり8万ウォン(約7700円)と高額だが、買い手はいるようだ。
取材班はルビーロマンを栽培している農家の話を聞くため、大田(テジョン)市からクルマで1時間ほどの果樹園にいた生産者を直撃すると、こう語ったのだった。
『(ルビーロマンの苗を)手順を踏んで手に入れたものではない。とてもいいものだと思ったから栽培している。シャインマスカットなどの問題で、日本が品種問題を敏感にとらえていることはわかっているので取材には応じられない。日本側から見れば、盗み出したと考えるだろう。日本の農業は韓国の先を行っている。先進国の立場で大目に見て欲しい』」

と、開き直ったのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中