2021年 9月 21日 (火)

日清カップヌードル、発売50年で500万食 時代に合わせ商品が変化、CMも話題作り

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日清食品の「カップヌードル」が発売50年を目前に、世界累計販売食数が500億食を達成した。1971年9月18日に誕生した世界初のカップ麺で、50周年の節目の年に大台を突破した。

   インスタントラーメンとして「世界ナンバーワン」のカップヌードルは現在、世界約100か国で販売するグローバル商品に成長した。

  • 世界累計販売食数が500億食を達成!(画像は、日清食品「カップヌードル」のホームページより)
    世界累計販売食数が500億食を達成!(画像は、日清食品「カップヌードル」のホームページより)
  • 世界累計販売食数が500億食を達成!(画像は、日清食品「カップヌードル」のホームページより)

世界約100か国、120種類以上を販売

   カップヌードルは日清食品創業者の故・安藤百福氏が1966年に欧米を視察した際、現地のスタッフがインスタントラーメンの「チキンラーメン」を紙コップに入れて湯を注ぎ、フォークで食べているのを見てアイデアがひらめいたという。

   発売直後はインスタントラーメンに比べて高価なため、普及は今一つだった。しかし、1972年2月に起きた「あさま山荘事件」で、機動隊員が湯気の立つカップヌードルを食べている姿がテレビで全国に中継され、一躍有名になった。

   カップヌードルが発売から半世紀にわたり、若者を中心に人気なのは、時代の変化に合わせて商品も変化してきたからだろう。

   国内では定番のしょうゆ味のほか、カレー味やシーフード味を早くから投入。海外ではこれまでに120種類以上を販売し、「北中米、南米、中国・アジア、欧州のエリアごとに、市場環境や消費者の好みに合わせてブランドを多様化している」という。

   2009年には消費者の健康指向の高まりに合わせ、カロリーを抑えた「カップヌードルライト」を発売。その後も塩分や糖質を抑えるなど、時代のニーズに合った商品を開発してきた。容器も当初の発砲スチロールから2008年に紙製カップに変更するなど環境対応も進めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中