2021年 9月 19日 (日)

Lisk保有の北大に続くガマン 明大は新たにリップルを購入(第14節)【暗号通貨バトルBグループ】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   今週(2021年8月23日週)はビットコイン相場が乱高下。その煽りからか、他の暗号通貨も下落した。北海道大学の渡部真人さんが保有するLisk(リスク)も値下がり。暗号通貨から株式市場に資金シフトが起こっているとにらむ。「さらに下がる可能性がある」としながらも、ガマンの保有を続ける。

   明治大学のakiさんは、米リップル社による中央集権型の暗号通貨のリップル(XRP)を、新たに購入した。慶応義塾大学の1028さんは、多忙のため取引をお休み。

  • 北海道大学が後退……
    北海道大学が後退……
  • 北海道大学が後退……

株式市場に資金シフト? (北海道大学 渡部真人さん)

   最近、株式市場などに投資家たちの資金が流出していると思っている。ここしばらくは530万円程度で推移していたビットコインは8月26日で大きく下落して510万円ほどに。その後持ち直すも乱高下して520万円台後半に落ち着いているという印象だ。

   やはり米国株の高値によるものだろうか。8月27日の米ニューヨーク株式市場のダウ平均株価は3万5000ドル台に回復。米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ圧力の示唆はなく安心した買いが行われた。

   ナスダックは最高値を更新し、ダウ平均株価とともに上がった。FRBのパウエル議長は利上げに慎重という見方が多数ではないだろうか。テーパリング(量的緩和の縮小)の実施については、直接利上げに関わるものではないとしたほか、テーパリングの年内実施については前向き姿勢なことからも投資家心理に影響を与えたと思われる。

   ビットコインは反落しているが、5、6月ほどの大きなものではない。確かに一時は510万円台まで落ちたが、490万円台までは落ちず500~535万円あたりを推移。ここまで大きく上昇したと思っているポルカドットも3000円台から2600円台まで落ちても、その後は2700~2800円あたりを推移。この下げ幅の傷はそれほど深くないだろう。

   じつは、大きく下がっているのは私の購入したLisk(リスク)かもしれない。この1週間でマイナス20%ほど下落。右肩下がりなので、さらに下がる可能性がある。現在12Lisk(リスク、約5500円分)を保有しているが、マイナス345円の損失だ。

   底打ちを狙って、3回に分けて購入したが続落傾向止まらず損失。緊急事態宣言も各地で発令されデルタ株との戦いが続いている。私の暗号通貨投資もしばらくは我慢が続きそうだ。

   米ジャクソンホール会議の影響は、来週までも続くか。これからの相場に注目だ。

◆ 暗号通貨紹介
・ポルカドット
複数の異なるブロックチェーン間の相互接続を可能にするブロックチェーンプロダクト。Web3.0(分散型のWeb世界)実現を目指したプロジェクト。2020年8月に上場したばかりだが、すでに時価総額ランキング上位。Bitflyerには6月に上場し、その時は約1600円ほどだったが、3150円ほどまで上昇。以前は4274円まで高騰していた。今後もの続伸にも期待したい。

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
暗号通貨の時価総額で見ても、調整は10%程度にとどまっており、上昇トレンドの継続と判断できそうです。ポルカドットは、国内ホワイトリストの中ではエイダコインに次ぐ上昇率を記録。過去30日では90%も上げています。
価格帯はレジスタンスラインであった300円を上抜け、2月から5月半ばの水準を回復。7月から8月にかけて、今年初の5週連続陽線を記録するなど、強い動きを見せており、今後も期待できそうです。

保有する暗号通貨     Lisk(リスク)
前週からの損益      マイナス345円
8月13日現在            6736円

北海道大学 渡部真人(わたべ まこと)
北海道大学 渡部真人(わたべ まこと)
北海道大学法学部3年。牛丼に紅しょうがを入れない派。おにぎりはセブン派。メロンよりスイカ派。ドラクエは9でストップ。かばおみたいな人生を送りたい。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中