2021年 9月 17日 (金)

王子HD株、パルプ価格下落で投資家の「売り」呼ぶ 8月末の年初来安値からの反転難しく

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   製紙大手の王子ホールディングス(HD)の株価が2021年8月27日に年初来安値564円をつけ、その後も思うように反転できずにいる。

   5月13日に年初来高値769円まで上昇した原動力になった海外パルプ事業が、パルプ価格の下落によって失速しそうなため、投資家の売りを呼んでいる。9月8日の終値は前日比11円高の595円だった。

   王子HDは前身が明治初期の1873年に設立された製紙会社「抄紙会社」という、たいへんな老舗で、現在も国内製紙メーカー首位の座にある。時代に合わせて少しずつ業容を変えており、堅実な製造業ではあるが、株価は最高値だったバブル期の約3分の1程度にとどまっている。

  • 製紙大手の王子ホールディングスの株価が値下がり(写真は製紙工場。イメージ)
    製紙大手の王子ホールディングスの株価が値下がり(写真は製紙工場。イメージ)
  • 製紙大手の王子ホールディングスの株価が値下がり(写真は製紙工場。イメージ)

段ボールやEV向けフィルムが好調だけど......

   まずは直近の業績を確認しておこう。2021年4~6月期連結決算の売上高は前年同期比6.5%増の3427億円、営業利益は約2.6倍の280億円、最終利益は9.6倍の206億円。最終利益は4~6月期としては最高で、大幅増益となった。

   そのけん引役が、最終製品である紙の原料となるパルプを海外で外販する事業で、パルプ価格の上昇によって利益が膨らんだ。また、コロナ禍によって高まる通販需要の恩恵で段ボールの販売量が増え、電気自動車(EV)向けフィルムといった新機能素材も好調だった。

   前年同期に自粛一辺倒だったイベントの復活により、カタログやポスター、チラシが反動増となった。一方で新聞や雑誌向けの用紙は需要の減少傾向が続いている。

   ところが、この好業績をもたらしたパルプ価格は5月をピークに下落している。一方で原油価格をはじめ原料・燃料価格の上昇ないし高止まりが続いており、この両方向の価格のベクトルが王子HDの今後の収益に悪影響を及ぼすとの懸念から、株価は上値が重くなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中