2021年 9月 26日 (日)

目をつけていた産業廃棄物処理の「ダイセキ」を、ここで買う! その魅力は?(北海道大学 とがぴさん)【企業分析バトル】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   【4本目】東証1部に上場する産業廃棄物処理の「ダイセキ」(9793)は、以前からチャートの形が綺麗だったので目をつけていました。

   今回、少し株価が落ちているので、ここで買いを入れたいと思います。

  • 産業廃棄物処理のダイセキに注目するワケは……(写真はイメージ)
    産業廃棄物処理のダイセキに注目するワケは……(写真はイメージ)
  • 産業廃棄物処理のダイセキに注目するワケは……(写真はイメージ)

ESG企業としても魅力的なダイセキ

   ダイセキは産業廃棄物中間処理を主な事業として行っており、廃油処理・リサイクル、廃水処理・リサイクル、汚泥処理・リサイクルなどを手掛けています。

   受託取引の大まかな流れは、お客様の廃棄物が処理可能か分析する → 処理可能であれば契約を行い、収集・運搬、処理・リサイクルを行う―― という形になります。たとえば、廃油処理を行うと廃油は燃料になり、廃水は金属滓になり、汚泥はセメント材料に生まれ変わります。

   ダイセキは、産業廃棄物を排出するメーカーと、リサイクルした材料が欲しいメーカーの掛橋になっているのです。

   ちなみに、廃棄物のリサイクル率は90%を超えており、再資源化という観点で非常に優れた技術を持っています。また、全事業所で「燃焼炉」を持っていないなど、自社でもESG(環境、社会、ガバナンス)の取り組みに積極的です。

   今後は子会社のダイセキ環境ソリューションとの連携を強化し、土壌汚染調査・処理、環境分析、ゼロ・エミッション支援、処理装置の販売等の、企業の環境に対するトータル・プランナーとしての能力を高め、グループとしての事業を拡大していくそうです。

企業ホームページより引用
企業ホームページより引用
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中