2021年 9月 19日 (日)

自信あります? 口もとを変えれば未来が変わる! 専門家が分析【尾藤克之のオススメ】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   本書では、日常の中であまり認知されていない「口もと」の果たす大切な役割について説き、生活習慣、病気、免疫力、恋愛、メンタルという切り口で、「口もと」が、どう人の運命に影響しているのか、わかりやすく解説します。

   前歯がない人は胃腸の調子が悪いなど、歯や歯茎は、内臓の調子と深いつながりがあります。噛むための筋肉は、幸せホルモン「セロトニン」を分泌するほか、免疫や代謝に影響します。人間は、言葉を交わして人とつながり、口からごはんを食べてカラダをつくります。口もとはカラダの内外と関わる、重要なボーダーラインなのです。

「強運は口もとから ~メンタル歯科医が教える47の幸せ習慣 」(松谷英子著)みらいパブリッシング
  • 口もとを変えると未来が変わる!?(写真はイメージ)
    口もとを変えると未来が変わる!?(写真はイメージ)
  • 口もとを変えると未来が変わる!?(写真はイメージ)

口もとを変えると何が起こる!?

   「口もと」を変えることで、なぜ未来が変わるのでしょうか――。著者の松谷英子さんは、「口もと」を意識することで、自然と摂取する食事や、言葉の使い方にも気を配れるようになると言います。口もとを変えればすべての未来が変わるのです。

   ここで、ひとつのワークを提示します。

松谷さん「あなたは自分の死を、リアルに想像したことがあるでしょうか? このワークは極めて、効果的な心理療法でもあり、有名なベストセラー本のスティーブン・R・コヴィー著『7つの習慣』にも取り上げられている療法の一つです。想像してみてください。あなたはすでに死んでしまい、今日があなたのお葬式の日です」
「自分の魂がカラダからでてしまい、意識だけが宙に浮かんでいます。あなたは自分のお葬式を上から見ています。あなたは皆から、どのように言われているでしょうか? というワークです。弔辞を想像してもらってもかまいません。親しい人や家族が、あなたの生前をどのように話しているのかを、思い浮かべるのもよいでしょう」

   この手法は、過去から現在を客観視するワークとして知られています。多くの研修会社やコンサルティング会社がメソッドとして取り上げています。筆者も、このワークを受けたことがありますが、自らの人生を客観視する有効な手法だと考えています

松谷さん「『〇〇さんはとても愛情深く、プライベートでも仕事でも多くの仲間に囲まれて、本当に素晴らしい人生を送ったと思います』と言われるのか。『〇〇さんは仕事に忙しく、カラダにムチ打って頑張っていたので、人生の最後には家族と共にゆっくりと過ごせなかった。心残りでしょう』と言われるのか? これは大きな差だと思うのです」
「口腔内にすんでいる細菌を甘く見ていると、人生の終末には『寝たきり人生』になってしまいます。人生の中盤であっても、慢性疲労やアレルギー疾患など、大変な苦労が待っているのです」
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中