2021年 10月 23日 (土)

海外メディアの「河野推し」を検証!? 政策や実績よりも気になる英語力(井津川倫子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   自民党の河野太郎行政改革担当相が総裁選への出馬を正式に表明。すでに立候補を表明している岸田文雄元外相と、高市早苗前総務相との「激戦」が予想されるなか、なぜか海外メディアの「河野推し」が目立ちます。

   国内の下馬評とはちょっと異なる海外評。出馬が総裁選を「ひっくり返した」とまで称される、「河野推し」の背景を探ってみました。

  • 海外メディアが自民党の新総裁に河野太郎氏を推す、その背景は……
    海外メディアが自民党の新総裁に河野太郎氏を推す、その背景は……
  • 海外メディアが自民党の新総裁に河野太郎氏を推す、その背景は……

政界のプリンスで英語を自由に操る「ツイッター界のスター」

   自民党総裁選をめぐる海外報道では、河野氏が他の候補者を引き離して「圧倒的な存在感」を誇っています。出馬表明は岸田氏、高市氏に後れを取ってしまいましたが、注目度ではライバルたちを大きくリードしているようです。

Japan's Taro Kono upends race for next premier
(日本の河野太郎氏、次期首相レースを一変させた:ロイター通信)
upend:一変させる、ひっくり返す

   ロイター通信は、河野氏が高校生の時に米大使館のパーティーに参加して、「下手くそな英語」でアピールして米国留学を実現したという「強心臓エピソード」や、菅首相と比較して「tight communicator」(密なコミュニケーションがうまい人)だ、という人物評を紹介しています。

   どちらかと言えば、政治家としての手腕よりも米ジョージタウン大学卒で英語が堪能なことや、SNSを積極的に活用してツイッターのフォロワーが230万人にのぼるといった点に注目しているようですが、「首相第一候補」として具体的に「5つの事実」を上げていました。

POLITICAL BLUE-BLOOD
(政治家としての毛並みの良さ)

KNOWN AS A MAVERICK
(異端者としての存在)

TWITTER STAR
(ツイッター界のスター)

U.S.-EDUCATED
(米国での教育経験)

ORGAN DONOR
(父親に臓器提供)

   確かに、著名な政治家一家に生まれ育ち、米国の大学を卒業して英語を自由に操り、古い伝統に立ち向かうツイッター界のスターで、臓器提供をするほどの父親思い、という「事実」は世界的にも好印象を与えそうです。

   また、河野氏の英語力については、「日本の政治家としてはめずらしく、英語でインタビューに応じることができる」と評価している報道がありました。私も英BBC放送のインタビューで河野氏の英語力に感心をした一人ですが、政治的な実績やポリシーよりも「結局、英語力が評価ポイントなのか?」と、ちょっと残念に思ってしまいました。

   それだけ日本の政治家の英語力がひどい、ということでしょうか。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中