2021年 10月 17日 (日)

ソニー再生を実現したのは子会社出身の異端児だった!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2008年のリーマン・ショック後、ソニーグループ、パナソニック、日立製作所は数千億円規模の巨額赤字に沈んだ。それから約10年。2021年3月期決算で3社の経営再建の明暗ははっきり分かれた。

   ソニーは純利益1兆1718億円、日立はEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)1兆3430億円を上げて過去最高益を達した一方、パナソニックの売上高は7兆円の大台を切り、純利益は1651億円と、ソニーグループのわずか7分の1にとどまった。

   本書「ソニー再生」(日本経済新聞出版)は、12年3月期、5000億円を超える大赤字の中でソニー社長の重責を引き受け、みごとに再生を成し遂げた「異端」の前社長、平井一夫氏が書いた経営哲学の書である。

   子供時代のことからドキュメンタリータッチで書かれており、よくできたエンターテイメント小説にようにすらすら読めてしまう。5万部を突破したベストセラーになったのもうなずける。

「ソニー再生」(平井一夫著)日本経済新聞出版
  • ゲームで復調!(写真はイメージ)
    ゲームで復調!(写真はイメージ)
  • ゲームで復調!(写真はイメージ)

子会社のレコード会社が振り出しだった

   平井氏の略歴はかなり異色だ。国際基督教大学(ICU)を卒業し、1984年に入社したのはソニーの子会社、CBS・ソニーだった。好きな音楽を仕事にしたいと飛び込んだ音楽業界。海外からやって来るアーティストの売り込みに奔走したり、通訳にかり出されたりする毎日で、離れたところに本社があるソニーは親会社だという意識さえなかったという。

   その後、ソニーの変革を含め、3度の事業再生に携わったが、いずれの場合も社員との信頼関係を築き、困難に立ち向かうためにはリーダーのEQ(心の知能指数)の高さが求められることを痛感したそうだ。戦術や戦略だけでは、組織をよみがえらせることはできない、と書いている。

   そのベースになっているのが、少年時代から日本と海外で何度も転居し、常に「異邦人」として見られてきた体験だという。ソニー本体の社長に就任してからも、こんなバッシングにさらされてきた。

「エレキ(電機)がわからない平井に社長が務まるハズがない」
「ソニーがテレビをやめるか、平井が辞めるか。どちらが先になるか見ものだな」
「そろそろソニーはアップルに買収されるんじゃないの」
「リストラ続きの『人切りソニー』に未来なし」

   ソニーの経営トップを退いてから3年。現在はソニーグループのシニアアドバイザーである平井さんには、「どうやってソニーを復活させたんですか?」という質問がいまでもあるそうだ。

   事業の「選択と集中」や商品戦略の見直し、あるいはコスト構造の改革などとメディアは分析しているが、核心はそこではないという。冒頭にこう書いている。

「自信を喪失し、実力を発揮できなくなった社員たちの心の奥底に隠された『情熱のマグマ』を解き放ち、チームとしての力を最大限に引き出すこと」

   そのために、社員と徹底的に話し合うエピソードがいくつも披露されている。が、その前に平井さんの平社員時代の話を。

   CBS・ソニーに入社した平井さんは、同期入社の女性社員と結婚すると、東京・市ヶ谷のオフィスから遠く離れた栃木県宇都宮市に自宅を買い、新幹線で通勤したというから、相当変わっている。

   入社10年目の1994年、ニューヨーク行きを上司から告げられた。海外生活はうんざりだったが、従うしかない。太平洋を渡って生活の場を変えるのは、じつに7度目だった。東京での係長という肩書から、ニューヨークではゼネラルマネジャー(GM)になったが、駐在員は平井さん一人で、なんでも屋だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中