2021年 10月 23日 (土)

9割の人ができてない! 衣替えでセンスアップまでかなう方法(入澤有希子)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   季節の変わり目ですね。ファッション分野で季節の変わり目といったら、衣替えです。読者のみなさんは、衣替えをされていますか?

   きょうは自分の服を見直すことでクローゼットがすっきりし、服を買うときにも欲しいものが買えるようになる衣替えについてお伝えします。

  • 衣替えのタイミングに、クローゼットをすっきり!
    衣替えのタイミングに、クローゼットをすっきり!
  • 衣替えのタイミングに、クローゼットをすっきり!

思い出せない服は「必要でない服」

   衣替えを契機に、すっきりしたクローゼットにするためには、ただ服を入れ替えるだけではありません。いくつかやることがあります。まず、手持ちの服を、一度全部引っ張り出して把握しましょう。

   服を出した時に、

「もう着ないし、まったく気に入らない服」
「好き嫌いに関わらずよく着てる服」
「使用頻度に関係なくお気に入り」

に分けましょう。

   「もう着ないし、まったく気に入らない服」は、手放す対象になります。

   なかには、まだ手放す決心のつかないものもあるでしょう。そういうものは、一たんクローゼットから追い出して保管しましょう。できたら、ふだん目につかない場所に保管するのがベストです。たったこれだけでも、かなりすっきりするはずです。

   一たんクローゼットから追い出した服は、毎日のコーディネートの中で、「あれはあったほうがいいな」と思ったものだけ取り出してOKです。きっと、ほとんどの方は、その存在すら思い出せなくなっているはずです。

   ある一定期間、追い出した服のことを思い出さなければ、もうその服は「必要な服」ではありません。ある一定期間は、「1か月」または「1シーズン」がいいでしょう。この時、ショップのリサイクルボックスなどに持っていくと、資源の再利用に貢献できます。なかには割引チケットをくれるお店もあります。使わなくなった服が有効活用でき流ので、サスティナブルですね!

入澤有希子(いりさわ・あきこ)
入澤有希子(いりさわ・あきこ)
パーソナルスタイリスト
美容専門学校・高等学校色彩学講師
ミスユニバースビューティーキャンプ講師、テレビの変身企画スタイリストなどを経験。フリーランスでパーソナルスタイリストをしつつ、最近はベンチャー企業でセカンドOLデビューを果たした。働くママの大変さを実感し、働くママ100人へのインタビュー活動「we MAMA」を立ち上げる。さまざまな働き方があることを伝える活動も実施中。法政大卒。37歳。
ブログ https://ameblo.jp/akiwasa/
ホームページ https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
we MAMA https://note.com/we_mama
著書に「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」(Kindle版)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中