2021年 10月 23日 (土)

メーガン妃に続く「世界のお騒がせカップル」? 眞子さまは海外メディアの新たな標的になるのか!(井津川倫子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「日本のメーガン妃とハリー王子が米国へ!」婚約が内定している秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんをめぐる報道が、新たな局面を迎えています。

   結婚のため米国から一時帰国した小室さんの「ポニーテール姿」がテレビで報じられるやいなや、その斬新な姿に国内メディアが大興奮! これに飛びついたのが、「第二のメーガン妃」を探していた海外メディアです。

   大好きなロイヤルゴシップとあって「ビッグカップル誕生!」と大々的に報じています。

  • 眞子さま&小室圭さんが「世界のお騒がせカップル」に……(写真はイメージ)
    眞子さま&小室圭さんが「世界のお騒がせカップル」に……(写真はイメージ)
  • 眞子さま&小室圭さんが「世界のお騒がせカップル」に……(写真はイメージ)

米老舗が口火を切った「眞子さまメーガン妃」説

   小室圭さん一時帰国が引き起こした「騒動」を最初に大きく取り上げたのは、米国の老舗ワシントン・ポスト紙でした。眞子さまと小室さんを、英国王室を離脱して米国に移住した「メーガン妃とハリー王子」に例えて、二人が「日本中をパニックに陥れている」と報じました。

You've heard of Harry and Meghan. Now meet Mako and Kei, who have Japan in a tizzy
(ハリー王子とメーガン妃のことは知っているだろう。今度は眞子と圭で、二人は日本中をパニックに陥れている)
have in a tizzy:狼狽させる、パニックに陥れる

   私が記憶する限り、海外メディアが見出しで堂々と、眞子さまと小室さんを「メーガン妃とハリー王子」に例えたのは、この報道が初めてだと思います。しかも、ゴシップメディアではなく、主要メディアのワシントン・ポスト紙が書くとは......。

   ワシントン・ポスト紙の報道に驚いたのは私だけではなさそうです。よほどインパクトが強かったのか、同紙が口火を切った「眞子さまメーガン妃」説に、他メディアが次々と参戦してきました。

Japan's Princess Mako and 'commoner' husband to be 'The new Meghan and Harry'
(日本のプリンセス眞子と「一般人の夫」は、新たなメーガン妃とハリー王子だ:米ゴシップメディア)
commoner:一般人

   確かに、皇室メンバーと一般人といった組み合わせは、ハリー王子とメーガン妃を彷彿させますし、皇室の反対を押し切って結婚することや、眞子さまが皇室を離脱すること、母国を離れて米国に移住することなどは、ハリー王子とメーガン妃のセンセーショナルな王室退位(メグジット)騒動と類似しています。

   国際的にはほぼ無名の眞子さまと小室さんを「第二のメーガン妃とハリー王子」に仕立て上げることで、人々の注目を集める戦略でしょうか。新たなターゲットの誕生にメディアが浮足立っているようなムードが伝わってきます。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中