2021年 10月 23日 (土)

ホンダがオンラインで新車販売!「ああ、販売店の値引き文化が消えるのか?」担当者に聞いた(1)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ホンダが国内の自動車大手では初めて、新車販売をすべてオンラインだけで受け付けるサービスを始めた。日産自動車など、ほかのメーカーにも追随する動きがあるという。

   ああ、あの新車を試乗してハンドルを握った時のワクワク感! そして販売店のディーラーと値引き交渉をして、端数の数万円をまけさせた時の快感!

   そんな新車購入時の「お約束文化」はもう過去のものになるのだろうか――。ホンダの担当者に聞いた。

  • クルマを買う時はせめてハンドルを握って試乗したい
    クルマを買う時はせめてハンドルを握って試乗したい
  • クルマを買う時はせめてハンドルを握って試乗したい

超人気の「N-BOX」「フィット」など4車種が対象

   2021年10月4日から始まったホンダの新車オンライン販売の動きを、NHKニュース(10月4日付)「ホンダ 国内初の『新車オンライン販売』開始」がこう伝える。

「ホンダは、クルマのオンライン販売を始めました。新車の購入がインターネットで完結するのは、日本の自動車メーカーでは国内で初めてとなります。専用サイトで扱うのは、販売台数が多い軽自動車など主力の4車種で、納車や点検はこれまでどおり販売店で行います。
ネットによるクルマの販売は、東京都内に在住する顧客であることなどが条件で、対象エリアは徐々に広げていく方針です。また、はじめはリース販売から開始するということで、今後販売店と同じように、現金払いや自動車ローンなどでの販売も始めることにしています。
クルマの販売は、店頭での商談が一般的でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、人との接触をなるべく避けて購入したいというニーズが高まっていて、ホンダとしては、オンライン販売を通じてこうしたニーズに応える狙いがあります。また、クルマ離れが指摘されている若い世代のスマートフォンを通じた購入にもつなげたい考えです」

   具体的にはどうやってオンライン販売を行うのか。ホンダの発表資料「ホンダ、新車オンラインストア『Honda ON』をオープン」によると、正確にはNHKが伝える「リース販売」ではなくて、「サブスクリプション(定額課金)販売」という。

   サブスクリプションとは、「料金を支払うことで、製品やサービスを一定期間利用することができる」形式のビジネスモデルのこと。「リース」などのレンタルサービスは基本的に利用できる期間が過ぎると返却しなくてはならないが、ホンダの「サブスク」は料金を支払い続ける限り返却する必要がなく、利便性が高いのが特徴だ。

   オンラインの取り扱い車種は「N-BOX」「フィット」「フリード」「ヴェゼル」の4車種のみで、現在の売れ筋ばかり。スマートフォンのアプリをスクロールして、タイプ、オプションをセレクト。カーナビなどの基本的なオプション、自動車税、点検・車検、交換部品などのメンテナンス費などをすべて含み、期間途中の中途解約や乗り換え・買い取りも可能だ。

   月額利用料は、N-BOXで3万1610円、フィットで4万2550円、フリードで4万8850円、ヴェゼルで4万8460円からとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中