2021年 12月 4日 (土)

「脱原発」衆院選の争点に! 押し込む野党、岸田政権で後退? する「再エネ」推進

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   岸田文雄政権でエネルギー政策の「原発回帰」色が強まるとの見方が広がっている。

   総選挙に向けた政策では、さっそく原発の新増設やリプレース(建て替え)を示唆する内容を盛り込んでいる。

   この1年で脱炭素へと大きく舵を切った菅義偉前政権の流れを、新政権はどう引き継ぎ、あるいは転換するのか。脱原発を打ち出す野党との間で、総選挙の大きな争点の一つになるのは確実だ。

  • 海から見た福島第一原子力発電所
    海から見た福島第一原子力発電所
  • 海から見た福島第一原子力発電所

菅政権の「脱炭素」で「再エネ」最優先を掲げたはずが......

   岸田政権を見る前に、菅政権のエネルギー政策を振り返ると、じつは経済優先、原発推進という本来的な自民党の政策から微妙にそれていた。就任早々、2050年の「カーボンニュートラル(温室効果ガスの排出量実質ゼロ)」を打ち出し、 2021年4月には、ゼロまでの中間目標として「2030年度までに13年度比46%削減」とする新たな目標を決定した。

   その裏付けとなる国の「エネルギー基本計画(エネ基)」は21年が3年に1度の改定年にあたり、7月に菅政権が決定した案(10月中に正式決定)は、総発電量に占める各電源の割合を示す「電源構成」について、再生可能エネルギーを「最優先」と明記し、30年度の再生エネ比率を36~38%と現行計画より14ポイント高くした一方、原子力は20~22%に据え置き、「新増設」の記載もなかった。

   エネルギー基本計画の前段で、6月18日、成長戦略の原発の記述から「最大限活用」という文言削除するとともに、同日決めた「骨太の方針」に、初めて「再生可能エネルギー最優先」と記述している。

   原発推進派が求めていた原発回帰論を退けた形だ。この間の経緯はさまざまに報じられ、たとえば菅首相退任表明前の8月20日付の毎日新聞朝刊1、3面の「再考 エネルギー(上)」によれば、菅首相が後ろ盾になり、河野太郎行革担当相、小泉進次郎環境相(いずれも当時)がタッグを組んだ成果という。

   総裁選では、その河野氏が当面の原発再稼働は容認しつつ、新増設は「現実的ではない」とし、「新増設がなくなれば、原子力は順次減っていく」「緩やかに原子力から離脱していくことになる」と述べ、さらに核燃料サイクルの見直しも明言。一方、岸田氏は「核燃料サイクルは維持しなければならないと思っている」と断言。30年度に温室効果ガス46%減」に関し、「原発30基を稼働することを前提とした数字だ」などと述べた。

   原発への政策が、自民党内で、河野氏の「危うさ」への懸念を広げ、敗因の一つともいわれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中