2021年 12月 8日 (水)

【日韓経済戦争】不買運動の標的ユニクロがやっと黒字に! 超破格「95%引きの安売り」のウラに何があった?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2019年7月から始まった韓国の日本製品不買運動の標的にされ続けてきたユニクロに、3年目にして春がめぐってきたようだ。やっと黒字に転換したのだ。

   その喜びを打ち上げ花火で表したのか、あるいは巧みな経営戦略からか、ユニクロは高級ブランド商品を20分の1以下という超破格の安売りに打って出て、韓国メディアの話題をさらっている。

   ユニクロに何があったのか。韓国紙で読み解くと――。

  • 過去最高の純利益を計上したと発表したユニクロの柳井正会長(公式サイトより)
    過去最高の純利益を計上したと発表したユニクロの柳井正会長(公式サイトより)
  • 過去最高の純利益を計上したと発表したユニクロの柳井正会長(公式サイトより)

300万ウォンのダウンパーカを5%の15万ウォンで販売

   超破格の安売り作戦で不買運動を一気に吹き飛ばしたユニクロの見事さを、韓国メディアはそろって報じている。

   朝鮮日報(10月16日付)「韓国ユニクロ『300万ウォンのダウンを15万ウォンで販売』ネットで品切れ」は、こう伝える。

「300万ウォン(約29万円)台のダウンパーカを15万ウォン(約1万4000円)で売って話題になったユニクロのコラボレーション・アイテムが10月15日、オンラインストア入庫と同時に品切れになった。このアイテムは、日本のデザイナー相澤陽介氏が立ち上げたブランド『ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)』とユニクロがコラボしたもので、発売前からファッション・マニアの間で口コミが広がっていた。
冬物のダウンパーカを300万ウォン台で売っているホワイトマウンテニアリングのアイテムだが、ユニクロとのコラボにより、その価格を12万9000ウォン~14万9000ウォン(約1万2000円~1万4000円)に抑えたことが功を奏した。相澤陽介氏は2016年からパリのファッションウィークに参加しているデザイナーで、彼が作ったブランドもファッション業界で新たな有名人気ブランドとして認められている」

   朝鮮日報によると、具体的にはこんなパニック状態だった。

「15日にオンラインストア上で正式に発売された『ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ』のメンズ商品は、午前9時の時点で黒は全サイズ品切れに。ネイビーとダークグリーンも4XLサイズを除き全サイズが完売。レディースもブラウンが3XLサイズを除いてすべて売れてしまった」

   相澤陽介氏(48)は韓国でも人気のデザイナーだ。日本のユニクロの公式サイトなどによると、相澤氏は、2006年に「服を着るフィールドはすべてアウトドア」をコンセプトに、自身のブランド「White Mountaineering」(ホワイトマウンテニアリング)をスタート。現代的なシルエットと斬新なカッティングを組み合わせることで、動きやすくて快適なウェアを提供するのが特徴。2012年ロンドン五輪でミズノが製作した日本選手団用ウォームアップスーツや、サッカーJ1コンサドーレ札幌のユニフォームのデザインなども手がけた。2016年からパリ・コレクションでの発表を続けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中