2021年 12月 4日 (土)

眞子さま「ジミ婚」の代償は? 小室圭さん「愛しております」発言を海外メディアはどう伝えたのか(井津川倫子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   かねてから婚約中だった秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんがついに結婚! 眞子さまは皇籍を離脱し、民間人の「小室眞子さん」となりました。

   今後は、米ニューヨークで新しい生活をスタートする予定のお二人ですが、一連の儀式は行われず、皇室を離れる際の一時金も受け取らない「異例の結婚」に海外メディアも興味津々。会見で飛び出した、小室さんの「眞子さまを愛しております」発言も、さっそく英語に訳されて世界中に広がりました。果たして、海外の反応は?

プリンセスMakoは「ひっそり」結婚した

   眞子さんと小室圭さんの結婚のニュースは、海外メディアでも速報扱いで紹介されています。伝統的な結婚の儀式は一切行われず、宮内庁の職員が自治体に婚姻届を提出しただけの「イレギュラーな結婚」。メディアの報道からもお祝いムードは感じられず、「ジミ婚」ぶりに注目が集まりました。

Japanese Princess Mako quietly married a commoner without traditional wedding celebrations
(日本のプリンセス眞子は、伝統的な結婚の儀式もなく、ひっそりと民間人と結婚した:AP通信)
commoner:一般人、民間人

   今回の報道では、「commoner」(一般人、民間人)という単語をよく目にしました。小室さんが一般人であること、そのために眞子さんが皇室を離脱したことが「ニュース」だと捉えられているようです。眞子さんが結婚のために数々の犠牲を払ったこともフォーカスされていました。

Japan's Princess Mako gave up royal status to marry
(日本のプリンセス眞子は、結婚のために皇室の立場を捨てた:英BBC)


The marriage to Kei Komuro cost Mako her royal status
(小室圭氏との結婚のために、眞子さまは皇室の立場を犠牲にした:AP通信)
cost:犠牲にさせる、費用が高くつく

   なかでも注目を集めているのは、やはり「お金」の話題です。眞子さんがご結婚に伴い支給される高額の一時金を辞退したことが衝撃的だったようで、ほとんどのメディアが「turned down a conventional US$1.35 million gift」(1億4000万円ほどの伝統的なギフトを辞退した)と伝えていました。

   さらに共通していたのが、「The low-key wedding」というワードです。「low-key」「地味な、控えめな、目立たない」という意味ですから、「The low-key wedding」とは、まさに「ジミ婚」そのもの。英国王室を離脱したハリー王子とメーガン妃のカップルも結婚式は豪華で華やかでしたから、「ロイヤルウエディング」を期待していた人々の目には、「お金もいらない、儀式もしない」プリンセスの決意は「異例」なものに映ったのでしょうか。

   すべてを犠牲にして民間人との結婚と、海外での新生活を選んだ眞子さん。海外メディアの報道からは、お祝いムードよりも悲壮感が漂ってくるようです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中