2022年 1月 27日 (木)

大化け期待! 注目の割安低位株「ツインバード工業」を分析(同志社大学 SYさん)【企業分析バトル】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

好決算はコロナ特需による一過性なのか?

   現在、ツインバード工業の株価は800円台と年度最高値の2395円の3分の1近くになってしまっていますが、これはコロナ特需が一服したと考えられているからです。

   しかし、新型コロナウイルスのワクチンのようなバイオ医薬品には、従来の低分子医薬品よりも厳格な温度管理が必要であり、そのバイオ医薬品の2019年から26年の平均成長率は10%近くとされています=下記の参考リンク

   したがって、医薬品におけるコールドチェーン(低温物流)分野の成長は今後も続いていき、今回のコロナ禍におけるコールドチェーンの構築実績を持つ同社は、今後のさらなる成長を期待できると判断しました。

参考リンク「バイオCMO/CDMOの強化について」(経済産業省)

   しかし、10月25日に新商品を11月に発表するというIR情報を発信したことで、一時ストップ高になったものの、翌26日には再び8%ほど株価が下落しており、今後の動向を読むことができない状態となっています。

   そのため、再び上昇トレンドになったと判断するまでは購入を見送りたいと思います。

ツインバード工業(6897)
年初来高値(2021年 1月27日)  2395円
年初来安値(2021年10月25日)  788円
直近の株価(2021年10月29日)  849円
購入を見送り。

同志社大学 SY
政策学部2年。投資サークルに所属。未成年なので、株式投資は親の口座で少しだけ。じつは体育会系の部活に所属している(本当はいけないのだが......)。趣味は野球観戦とアイドルの動画を見ること。企業分析バトルを通じて、知識向上に頑張ります!
◆企業分析バトル カブ大学対抗戦のルール
・月額200万円を投資金額の上限とするバーチャル投資です。
・投資対象は新興市場を含む、国内の上場企業の現物取引です。
・運用期限は最長で6か月。銘柄選定の最終月は10月になります。
・順位は11月末時点で、投資した銘柄(企業)の売買や配当で得た収益の騰落率で決めます。
学生投資連合USIC

「学生の金融リテラシー向上」を理念に全国26大学1000人以上で構成。企業団体・官公庁との勉強会の開催、IRコンテストの運営、金融情報誌「SPOCK」を発行する。
http://usic2008.com/

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中