2021年 12月 4日 (土)

キャッシュレスの次はカードレス! 「おさいふケータイ」で先行していたはずが...... 立ち行かない日本勢の姿

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   現金の代わりにカードやスマートフォンで支払うキャッシュレスは、10%への消費税率引き上げに伴う政府の促進策に加え、2020年以降の新型コロナウイルスの感染拡大で認識された衛生上の理由から一気に加速した。

   さらに現在進んでいるのは、カードさえもスマホやスマートウオッチに取り込んでしまうカードレスだ。その背景には米巨大IT企業の強さと、立ちゆかない日本勢の姿が垣間見えてくる。

  • スマホで買い物が当たり前の時代になった(写真はイメージ)
    スマホで買い物が当たり前の時代になった(写真はイメージ)
  • スマホで買い物が当たり前の時代になった(写真はイメージ)

アップルペイなら、一つのアプリで複数の電子マネーが使える

   流通系の電子マネー「WAON(ワオン)」と「nanaco(ナナコ)」が2021年10月21日、米アップルの決済サービス「アップルペイ」で利用できるようになった。

   ワオンは流通大手のイオングループが提供しており、イオン系のスーパーやコンビニなどで利用できる。ナナコは同じく流通大手のセブン&アイ・ホールディングスによる電子マネーで、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどで使える。

   これまでも電子マネーをスマホで使うサービスは、それぞれの発行主体が別々に提供していた。アップルペイが斬新だったのは、一つのスマホアプリで複数の種類の電子マネーなどを使えるようにしたことだ。アップルペイから電子マネーを選んで、スマホやスマートウオッチを店舗の読み取り機にかざせば、支払い手続きが完了する仕組みだ。

   日本国内ではアップルペイのサービスは2016年に始まり、当初からJR東日本の電子マネー「Suica(スイカ)」に対応している。20年10月からは同じ交通系電子マネーの「PASMO(パスモ)」にも対応を始めており、駅の自動改札機にスマホをかざして出入場する人の姿も目立つようになった。電子マネーでは「iD」や「QUICPay(クイックペイ)」が先行して対応しており、流通2強が提供するワオンとナナコが加わることで、利用者数の上積みが見込まれる。

   さらに追い風になっているのは、クレジットカード各社の非接触決済が出そろったことだ。これによりクレジットカードもアップルペイに登録できるようになり、マスターカードやJCB、アメリカン・エキスプレスに加えて、2021年5月からはVISAのタッチ決済も対応している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中