2021年 12月 4日 (土)

止まらない医療費の増大 大きくなる高齢者医療の負担も、65歳以上の女性は健康かも!?(鷲尾香一)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2019年度の国民医療費は、前年度比2.3%増加した。

   人口1人当たりの国民医療費も前年度から2.5%増加。高齢化が進む中で、医療費の増大が継続している状況が浮き彫りになった。

  • 高齢者医療の負担重く……
    高齢者医療の負担重く……
  • 高齢者医療の負担重く……

1人当たりの国民医療費、2019年度は35万1800円

   厚生労働省は11月9日、2019年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費は44兆3895億円と前年度比9946億円(2.3%)増加、人口1人当たりの国民医療費も35万1800円と同8600円(2.5%)増加した=表1参照

   医療の医療費の全部または一部を国や地方自治体が負担する「公費負担医療給付分」は3兆2301億円で全体の7.3%、健康保険などの「医療保険等給付分」は20兆457億円で45.2%、「後期高齢者医療給付分」は15兆6596億円で35.3%、「患者等負担分」は5兆4540億円で12.3%となった。

   前年度増減率では、公費負担医療給付分は1.7%増、医療保険等給付分は1.6%増、後期高齢者医療給付分は4.0%増、患者等負担分は0.9%の増となった。

   高齢者(70歳以上)の医療費は医療保険分で6852億円と前年度比806億円(13.3%)増、国民健康保険分で3兆3159億円と同1779億円(5.7%)増となっている。

   財源別でみると、公費が16兆9807億円で全体の38.3%を占める。このうち国庫は11兆2963億円で25.4%、地方自治体の負担は5兆6844億円で12.8%となっている。

   健康保険料(社会保険、国民健康保険)は21兆9426億円で、全体の49.4%と50%近くを占めている。このうち事業主負担は9兆4594億円で21.3%、被保険者は12兆4832億円で28.1%となっている。

   年齢階級別では、0歳から44歳は7兆7219億円で全体の17.4%、45~64歳は9兆6047億円で 21.6%、65歳以上が27兆629億円で61.0%と6割以上を占めている。

   また、人口1人当たり国民医療費をみると、65歳未満は19万1900円、65歳以上は75万4200円となっており、高齢者医療の負担の大きさがわかる。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中