2021年 12月 4日 (土)

「契約を結ぶ取引先は3割だけ」立場の弱いフリーランスの反撃が始まった! 生き残る秘訣はコレだ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!
「取引先としっかり契約を結ぶ人は3割以下」
「仕事上のトラブルに巻き込まれる人も4割」

   近年、「自由に働きたい」と、自らフリーランスの仕事を選ぶ人が増えているが、日本労働組合総連合会(連合)が2021年11月18日に発表した「フリーランスとして働く人の意識・実態調査2021」(埋込リンク:https://www.atpress.ne.jp/news/286141)では、まだまだ弱い立場に追い込まれている人が多いことが明らかになった。

   フリーランスの人がもっと働きやすくなるにはどうしたらよいのか――。

  • エンターテイメント業界では契約がずさんだ(写真はイメージ)
    エンターテイメント業界では契約がずさんだ(写真はイメージ)
  • エンターテイメント業界では契約がずさんだ(写真はイメージ)

契約が最もずさんなのはエンタメ業界

   調査の結果で際立ったのは、しっかりした「契約」を結ばずに仕事をすることを余儀なくされているフリーランスの人が多いことだ。主要な取引先からは書面(メールを含む)による契約内容の明示があるか聞いたところ、「必ず明示がある」が29.9%にとどまり、「明示がない時もある」(45.5%)と「明示があったことはない」(24.6%)を合わせると、7割以上の人が曖昧な契約関係のまま業務を行っていた=図表1参照

図表1:取引先から契約内容の明示があるのは3割以下(連合作成)
図表1:取引先から契約内容の明示があるのは3割以下(連合作成)

   仕事内容別にみると、契約関係が一番しっかりしているのはIT関連で、47.3%が「必ず明示がある」と答えている。次にコミュニケーション関連(45.2%)、暮らし・学び関連(36.8%)、からだ・健康関連(35.3%)と続く。

   逆に契約関係が最もずさんなのがエンターテイメント関連だ。「必ず明示がある」と答えた人は19.7%しかいなかった。次は事務・ビジネス関連で24.0%、クリエイティブ関連の24.4%と続く=図表2参照

図表2:仕事上のトラブルを経験した人の割合(連合作成)
図表2:仕事上のトラブルを経験した人の割合(連合作成)

   このように契約関係がはっきりしていないと、当然、仕事上のトラブルも多くなる。この1年間で仕事のトラブルを経験したかを聞くと、4割近い39.7%の人が「経験した」と答えた。

   どんなトラブルだったのか、複数回答で選んでもらうと、トップ5は「報酬の支払いの遅延」(29.5%)、「一方的な仕事内容の変更」(29.5%)、「不当に低い報酬額の決定」(26.4%)、「一方的な継続案件の打ち切り」(25.7%)、「報酬の不払い・過少払い」(23.4%)となった=図表3参照

図表3:トラブルの内容で多いものは......(連合作成)
図表3:トラブルの内容で多いものは......(連合作成)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中