2021年 11月 29日 (月)

ええっ!「職場がゆるい」「上司の存在感ゼロ」イマドキ新入社員が大手企業にガッカリしてるってホント?(1)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
「ゆるい! 肩透かしです。会社ってこんなものですか?」
「上司は私に気を使い過ぎています。もっと鍛えてほしい!」

   ...... なんとコレがイマドキの大手企業新入社員の言葉だという。

   「獅子は我が子を千尋(せんじん)の谷に突き落とす」というニッポン企業の新人教育など昔話になり、いまや新入社員から見て「ゆるい職場」が半数近くに達するありさまだ。

   特に上司の影が薄くなっていることが、リクルートワークス研究所の新入社員聞き取り調査で明らかになった。ニッポンの会社は大丈夫か?

  • 上司が部下を叱責する光景は過去のものに?(写真はイメージ)
    上司が部下を叱責する光景は過去のものに?(写真はイメージ)
  • 上司が部下を叱責する光景は過去のものに?(写真はイメージ)

「上司に叱責されたことは一度もないです」

   調査リポート「研究所員の鳥瞰虫瞰:修羅場もない、叱責もない。『ゆるい職場』は新入社員を変えるか」(2021年11月5日付)をまとめたのは、リクルートワークス研究所研究員の古屋星斗(ふるや・しょうと)さんだ。

   リポートによると、古屋さんは今年9月から10月にかけて、10社以上の大手企業の新入社員に仕事についてインタビューしたが、衝撃を受けたという。

   入社1年目といえば「5月病」という言葉もあるくらい、慣れない社会人生活が始まり、ストレスの高い状況のはずだった。ところが、彼らの多くが一様に語ったのは、こんな言葉だった。

「正直言って、余力があります」
「ゆるい。社会人ってこんなものなのですね」
「学生時代に近くて肩透かしです」

といった『持て余し感』だった。

   普段の仕事ぶりについて聞いたときに、「上司」の話がほとんど出なかったことも気になった。そこで、あえて上司について聞くと、

「一度も叱責されたことはないです」
「理不尽なことを言われたことはありません」

と、まったく印象に残らない反応だった。

   これまでの新入社員に対する考え方では、就職前に想像していた職場のイメージと現実のギャップから、リアリティショックが起こるとされていた。そのリアリティショックでは「上司」の存在が大きいとされていたが、ギャップ自体が存在していないかような語り口であった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中