2022年 1月 23日 (日)

逃げる一橋大、メキシコペソで躓く 明大は豪ドルで大勝! 同志社大も負けじと大幅プラス(第26節)【FX大学対抗戦 Bグループ】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   FX大学対抗戦 Bグループは首位を走る一橋大学のボンゴレさんが、「得意」としていたメキシコペソで躓いた。値上がりを続けてきた原油価格が下がり、その影響でメキシコペソが下落。含み損が広がる前に損切りして、首位に踏みとどまった。

   追う明治大学の佐藤諒さんは豪ドル円の上昇を見て、買いでエントリー。プラスを確保して、「損切り幅をなるべく小さくし、利益は伸ばす」取引が実践できたと、満足そう。同志社大学のFOXさんは、自身の取引が安定してきたと分析。しっかりとプラスを確保し、「今後もしっかり続けていきます」と力強い。

   早稲田大学のNAKAMURAさんは多忙のため、また慶応義塾大学の2Gさんは体調を崩してしまい、取引をお休みした。

  • 一橋大学にブレーキ! 猛追する明治大学はニンマリ
    一橋大学にブレーキ! 猛追する明治大学はニンマリ
  • 一橋大学にブレーキ! 猛追する明治大学はニンマリ

豪ドル円で「順バリ」勝負!(明治大学 佐藤諒さん)

今週(11月15日週)は、あまり取引したいと思うチャートが見当たらず、月曜日(15日)は取引をしませんでした。16日(火)に豪ドル/円が上昇し、「取引できる」と判断。ロング(買い)でエントリーしました。このように基本的にはチャートオンリーでトレードしていきたいと思います。

【取引1】AUD/JPY 11月16日0時18分(買いエントリー) → 11月17日21時45分(決済)

エントリータイミング(赤矢印)直後に大きく上昇したものの、すぐに戻してしまい利益を得ることができませんでした。その後再び上昇することはなく、下落に転じたため損切りしました。エントリー理由としては高値圏で推移し、反発がほとんどなかったためです。何はともあれ大きな下落の前に逃げることができてよかったです。この取引により、マイナス4万5000円になりました。

【取引2】AUD/JPY 11月18日9時10分(買いエントリー) → 11月19日19時14分(決済)

下落トレンドの継続を予想し売りでエントリーしました。ショート(売り)した直後にまた利益が出ましたが、その後反発。含み損になってしまいました。そのままジリジリ上昇しましたが、結果的に大きく下落してくれたため、利益を得ることができました。

逆指値は直前の下落の初動地点の1豪ドル=83.5円付近に設定していました。利益確定は半分する予定が、デモトレードアプリの使用によりできなかったため、すべての玉を決済し、その半分でもう一度ショート(売り)しました。そのためショートポジションを保有中になります。この取引により、プラス12万円になります。

今回は順張りができていたと思います。しかしエントリー直後は思った方向に行くことが多いのですが、2回ともその後含み損になってしまったので、エントリーポイントに逆指値注文をするなどして対策していきたいと思います。

また、「損切り幅をなるべく小さくし、利益は伸ばす」が多少実践できた形になりうれしいです。来週はユーロ円の反発とポジションのある豪ドルの行方を見ていきたいと思います。

◆今週の取引
取引1:マイナス4.5万円
取引2:プラス12万円(豪ドル円ショート保有中)

◆児山将のワンポイントアドバイス
オーストラリア(豪)ドル円の下落の背景は、米ドル円が1ドル=114.97円まで上昇したにも関わらず、115円を付けることができなかったため、短期的なプレイヤーが一斉に買いポジションを閉じたことが大きいでしょう。何か材料が出たわけではなく、需給的な動きといえます。これを考えると、115円はまだ高く、売りたい人が多いのだということがわかります。ナイス損切りでした。

保有する通貨         豪ドル
前週からの損益  プラス7万5000円
11月19日現在       145万円

明治大学 佐藤諒(さとう りょう)
明治大学 佐藤諒(さとう りょう)
明治大学商学部2年。投資歴2年。よくトレードするのはUSD/JPY(米ドル円)。東京在住です。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中