2022年 5月 26日 (木)

目指すはAIを活用できる人! 五感、考える力をフル活用【ひろ子ママの教訓 その82】

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   きょうは、IT企業にお勤めの50代のOさんがいらっしゃっています。

「最近、会社ではお客さんからのお問い合わせに対して、自動で返信するAI技術を活用したチャットボットを導入しました。導入に向けて準備する中で、こうやって人の仕事移り変わっていくんだなという実感と、意外と人間が関わる仕事部分も多いんだなと知りました。
返信の会話のパターンを準備したり、考えたりと人間じゃないとできないことがたくさんあるんですね。AIとうまく共存できそうという期待と、そのためにはAIを活用できる能力をつけていかないとマズイなと思いました。」
キャプション AIが使える50代になる!(写真はイメージ)
キャプション AIが使える50代になる!(写真はイメージ)

仕事がAIに代替されていく?

   最近、ビジネス誌に「AIに仕事が奪われていく」「今後なくなる仕事」など、中高年が不安になるような記事を、よく見かけますよね。でも、不安な一方、私たちの生活はAIによってより便利になっています。

   たとえば、スマホのカメラでも自動で人間を認識したり、ネット検索の検索エンジンにおいても「もしかして〇〇では?」と教えてくれたりするのもAIの恩恵です。このように、生活の中にすっかりAIは馴染んでいるので、これからこの先も増えていくことは間違いありません。

   AIに奪われてしまうと考えるのではなく、Oさんのように、まずは共存するためにはどうしたらいいのか。そう考えてみることは、前向きですごくいいと思いますよ。

   私自身もAIには興味があるので、本を読み漁っています。恥ずかしながら、本を読む前は、AIって何でもできてしまう、人間よりも優れているとイメージがありましたが、そうではないんですね。AIは大量のデータ処理やデータから勉強することはできるけれど、「考える」という部分は苦手なようです。

   AIには「味覚」「触覚」はなく、五感を活用することは人間のほうが優れています。つまり、人間にできて、AIにはできないことがあるわけです。

   コロナ禍でリモートワークが進みましたが、バーチャルの空間では、なかなか五感をすべて使うことはできません。実際にどこかに行って、そこの空気に触れて、美味しいものを食べて感動することは大切な感覚、人間にしかできない感覚ですね。人間の感性や経験からアイデアを生み出すことは、今のところ人間しかできないことだと思います。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中