2022年 5月 17日 (火)

採用時の「大切にする」は見せかけか!? ナゼ会社は「バカ野郎」とパワハラで社員を追い込むのか?(川上敬太郎)

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   お手頃で美味しそうな食材をスーパーで見つけて買ったものの、気がつくと冷蔵庫の奥で傷んでしまっていることがあります。

   買った時の「意思」と、その後の自分の「行動」とが矛盾してしまった結果、せっかくの食材を粗末にしてしまう。自分が買わなければ、他の人がもっと有効に使ってくれたかもしれません。安易に買うべきじゃなかった、と後悔しても後の祭りです。

   そのように意思と行動が矛盾しても、「モノ」であれば失敗談で済ませられるのかもしれません。しかし、対象が「ヒト」となれば話は別です。「意思と行動の矛盾」が、大きな悲劇へとつながりかねません。

  • なぜ、会社はパワハラで社員を追い込むのか?
    なぜ、会社はパワハラで社員を追い込むのか?
  • なぜ、会社はパワハラで社員を追い込むのか?

経営者は「企業は人なり」と口をそろえる

   「意思と行動の矛盾」は、会社組織でも起こります。

   会社組織を発展させるために採用を行っている経営者や人事担当者は、求める人材との出会いに、いつも頭を悩ましています。

   ハローワークや求人広告を利用して募集しても、応募者は簡単には集まりません。ようやく応募があったとしても、求める人材に巡り合えることは稀です。それでも粘り強く何度も募集を繰り返し、面接し、ようやく内定を出したいと思う人材と巡り合えたと思ったら、内定辞退で他社にとられた!なんてこともあります。

   一方、経営者は「企業は人なり」「人材こそがわが社の財産」などと公言し、どこの会社でも社員を大切にする姿勢をアピールしています。「わが社は業績さえ上がれば良いので、社員など使い捨てのコマに過ぎません」などと公言する経営者を見たことがありません。もちろん、本音のところはわかりませんが......。

   それなのにナゼ、過重労働やパワーハラスメントで心身を追い詰められ、社員が自ら命を絶つような事件が未だに後を絶たないのでしょうか?

   社員は、仕事で追い詰められ、命を奪われるために入社したのではありません。会社としても、苦労してようやく採用できた人材だったはずです。

川上 敬太郎(かわかみ・けいたろう)
川上 敬太郎(かわかみ・けいたろう)
ワークスタイル研究家
男女の双子を含む、2男2女4児の父で兼業主夫。愛知大学文学部卒業後、大手人材サービス企業の事業責任者を経て転職。業界専門誌「月刊人材ビジネス」営業推進部部長兼編集委員、広報・マーケティング・経営企画・人事部門等の役員・管理職、調査機関「しゅふJOB総合研究所」所長、厚生労働省委託事業検討会委員等を務める。
雇用労働分野に20年以上携わり、仕事と家庭の両立を希望する「働く主婦・主夫層」の声延べ4万人以上を調査・分析したレポートは200本を超える。
NHK「あさイチ」、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」などメディアへの出演、寄稿、コメント多数。
現在は、「人材サービスの公益的発展を考える会」主宰、「ヒトラボ」編集長、しゅふJOB総研 研究顧問、すばる審査評価機構株式会社 非常勤監査役、JCAST会社ウォッチ解説者の他、執筆、講演、広報ブランディングアドバイザリー等の活動に従事。日本労務学会員。
1973年生まれ。三重県出身。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中