2022年 1月 28日 (金)

スッゴイ派遣社員はいかにして巨大グループの役員に駆け上がったのか!

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   なんともすごいタイトルだ!

   「派遣で入った僕が、34歳で巨大グループ企業の役員になった小さな成功法則」。半分眉に唾を付けて手にした本書だが、中身は本物だった。巨大グループ企業とは、グローバルに事業を展開する大塚製薬株式会社。いかにして派遣社員は、ステップを駆け上がったのだろうか。

「派遣で入った僕が、34歳で巨大グループ企業の役員になった小さな成功法則」(二宮英樹著)ダイヤモンド社
  • 派遣のヘルプデスクという仕事から……(写真はイメージ)
    派遣のヘルプデスクという仕事から……(写真はイメージ)
  • 派遣のヘルプデスクという仕事から……(写真はイメージ)

得意分野を極めよ、できれば2つ

   著者の二宮英樹さんは、1979年徳島県生まれ。高校卒業後、ミュージシャンを目指して米国に渡るが挫折。2001年に帰国。大塚製薬に派遣のヘルプデスクとして入社。試行錯誤の結果、10年後にはグループ会社の大塚倉庫執行役員IT担当になった。その後独立し、2つの会社の代表取締役を務め、国内外の企業に情報セキュリティ関連サービスを提供している。

   自伝的なエピソードを交えて、何を武器にどうやって道を切り開いたのか、人との衝突をどうやって避けたか、心が折れそうになった時はどうしたかという話を書いている。

  親切にも、「まえがき」に、そのポイントをこう書いている。

「自分の得意分野を極めること(できれば一つではなく2つ以上)、その力を効果的に発揮できる抜け道(ループホール)を戦略的に選ぶこと、そして期待に応えるために全力で取り組むこと」

   二宮さんの得意分野とは? それは破天荒ともいえるアメリカ行きに手がかりがあった。二宮さんは高校では、勉強はそこそこといった感じで、サッカーに打ち込んでいた。ある日、「スラッシュメタル」というジャンルのハードロックを聞き、ハマってしまった。仲間とライブに出たが物足りず、「四国を出て、ロサンゼルスへ行こう」と思い立った。四国から出るという意味で、東京もロサンゼルスも変わらないと思ったという。

   ロサンゼルス郊外のサンタバーバラの語学学校に入ったが、金がない。目に飛び込んできたのが、ゴミとして捨てられていたコンピューターだった。パソコンを持ち帰り、電源を入れても何も表示されない。ウインドウズ95のマニュアルを見ても、うまくいかない。自分で必殺技を編み出し、なんとか復活させた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中