2022年 1月 26日 (水)

社長が選ぶ「今年の社長ランキング」 豊田章男氏、孫正義氏に続く「地方発ジャパニーズ・ドリーム」の二人とは?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   コロナ禍に明けて暮れようとしている2021年。難しい経営の舵取りを迫られた全国の社長サンにとっては大変な1年だった。

   そんな社長サンたちが「あの人のように頑張りたい!」と憧れた経営トップをランキングしたのが、産業能率大学総合研究所が2021年12月15日に発表した「社長が選ぶ 今年の社長2021」だ。

   この調査によると、超ビッグネームの経営者たちのあいだに意外な人物が上位に食い込んでいる。「地方発ジャパニーズ・ドリーム」を実現した、その社長は......。

  • 社会との共存を志向する経営理念に賛同する声が集まった(トヨタ自動車の豊田章男社長。公式サイトより)
    社会との共存を志向する経営理念に賛同する声が集まった(トヨタ自動車の豊田章男社長。公式サイトより)
  • 社会との共存を志向する経営理念に賛同する声が集まった(トヨタ自動車の豊田章男社長。公式サイトより)

人気投票ではない「リアルな社長像」を目指す

   この調査は2008年から毎年実施しており、今回で14回目。J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部では、産業能率大学マーケティングセンターの担当者にその狙いを聞いた。

   産業能率大学総合研究所は企業の研修プログラムなどを作っており、「社長が選ぶ今年の社長」という企画は、もとは「有名人の中から選ぶ理想の上司像」といったランキングからの流れだったという。担当者はこう語った。

「『理想の上司像』では、女性なら天海祐希さん、男性ならイチローさんといった有名人の人気投票になってしまいます。『理想の社長像』では、もっとリアルな社長像を目指そうと考えました。そこで、全国の社長さんたちが『今年の最優秀社長』を選ぶというコンセプトにしたのです」

   米国のメジャーリーグで、選手間の投票で「年間最優秀選手」を選ぶ方式があるのと発想が似ている。

   今回、インターネットを通じて投票に参加した全国の社長サンは558人だが、内訳をみると、非上場が538人(96%)、従業人100人以下が494人(89%)と、圧倒的に多くが中小企業の経営者だ。担当者はこう続ける。

「自分の経営の参考にしたいという側面よりも、ひたすら星を見上げるような『スゴイなあ』という憧れの気持ちが強いと思います」

   つまり、「社長が憧れる社長」といった趣のランキングなのだ。

   そんな調査で選ばれた2021年の「今年の社長」ダントツ1位は、豊田章男氏(トヨタ自動車社長)だった。昨年に続き2年連続。2位はソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏。こちらは2年連続の2位だ=表参照。

表:「社長が選ぶ今年の社長」トップ10ランキング(産業能率大学総合研究所が作成)
表:「社長が選ぶ今年の社長」トップ10ランキング(産業能率大学総合研究所が作成)

   1位の豊田章男氏は、水素エンジンなど時代の先を見据えた取り組みが高く評価されるとともに、社会との共存を志向する経営理念に賛同する声が集まった。

「時代の先を考えながら、地球環境に取り組む熱意がすごい」(47歳男性、サービス業、群馬県)
「カーボンニュートラル実現に向け、これまでの自動車開発の改革に加え、自動運転などの実証実験を行うウーブンシティを開始するなど先頭に立って走り続けている」(62歳男性、情報通信業、愛知県)
「エコカーの多面展開を実行しており、半導体不足の中でも生産水準を短時間で回復して半期1.5兆円の利益を確保した」(71歳男性、製造業、福井県)
といったスケールの大きい経営手腕を称賛する声が多かった。
「人望も含めてワクワクさせてくれる」というソフトバンクグループの孫正義社長(公式サイトより)
「人望も含めてワクワクさせてくれる」というソフトバンクグループの孫正義社長(公式サイトより)

   2位の孫正義氏も、振れ幅が大きいものの、世界的規模の経営と常に新しいことにチャレンジする姿勢に評価が集まった。

「人望も含めてワクワクさせてくれる」(52歳男性、医療福祉、大阪府)
「自社株買い1兆円にはびっくりした」(36歳女性、教育・学習支援業、高知県)
「物事をグローバルに考えて実行しているところと、幅広い投資戦略がすごい」(64歳男性、卸売・小売業、東京都)

   という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中